しゃベルシネマ

浜辺美波、謎多き最強JKギャンブラーに…

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第610回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、5月3日公開の『映画 賭ケグルイ』を掘り起こします。


大人気コミックの<映画版>、ついに公開!


創立122年を迎える名門校、私立百花王学園。いずれ人の上に立つであろう、生まれながらの“勝ち組”が集まるこの学園では、生徒たちには、駆け引きの巧みさや人を動かす力、そしてここ一番での勝負強さが求められ、ギャンブルの強さで生徒の階級も決められていた。

そんな狂った学園に転校して来たのが、蛇喰夢子。一見するとおしとやかな夢子だが、彼女はどんなリスクも厭わない常軌を逸したギャンブル狂で、学園の絶対的支配者である生徒会長・桃喰綺羅莉との対決を心待ちにしていた。

時を同じくして、学園内では“非ギャンブル” “生徒会への不服従”を掲げる白装束集団“ヴィレッジ”が台頭。ヴィレッジ解体と夢子潰しをもくろむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する…。


月刊「ガンガン JOKER」連載の大ヒットコミックを基軸に、小説、アニメ、実写テレビドラマ、ゲームアプリなど急速に拡大している「賭ケグルイ」ワールド。その決定版とも言える<実写映画版>が、いよいよ公開。極上の心理戦映画<ギャンブル・エンターテインメント>の全貌が、幕を開けます!


生粋のギャンブル狂(=賭け狂い)の夢子役には、華々しい活躍をみせる浜辺美波。『君の膵臓をたべたい』などでみせて来た儚げなヒロイン像から一変。可憐さと狂気を持ち合わせたヒロインをダイナミックに演じています。

その他ドラマseason1から引き続き、高杉真宙、森川葵、矢本悠馬など主要メンバーが続投。さらに池田エライザをはじめ、宮沢氷魚、福原遥、元・乃木坂46の伊藤万理華といった映画オリジナルキャストも登場。顔芸炸裂のオーバーアクト&ハイテンション演技を披露しています。


本作では、原作者・河本ほむら氏がシナリオ原案・監修として参加し、完全オリジナルのストーリーを展開。さらにアナログゲームの最高峰・ゲームマーケット大賞の受賞歴も持つオインクゲームズの監修により、映画版のために2種類の奇抜なオリジナル・ゲームを開発するなど、全方向から様々な趣向が凝らされています。

原作の世界観はそのままに息をもつかせぬバトルの興奮を味わうことができるので、これまでTVシリーズを観て来た人も、映画版が初めてという人も、思わず没入してしまうこと間違いなし。JKギャンブラー・蛇喰夢子の驚愕の奇策をご堪能あれ。


映画 賭ケグルイ
2019年5月3日(金)から全国ロードショー
監督:英勉
脚本:高野水登、英勉
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案:武野光・河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」より)
シナリオ監修:河本ほむら
ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music)
オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
出演:浜辺美波、高杉真宙、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理(乃木坂46)、小野寺晃良、池田エライザ、中村ゆりか、三戸なつめ、矢本悠馬、森川葵
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
公式サイト https://kakegurui.jp/


八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.