イランで放映される『おしん』は視聴率80パーセント

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、タレントで女優のサヘル・ローズが出演。イランのこと、また、イラン人が持つ日本のイメージについて語った。

『連続テレビ小説 おしん 総集編』DVDジャケット(※画像はAmazonより)

黒木)今週のゲストは女優でタレントのサヘル・ローズさんです。
サヘルさん、声がすごく独特でいらっしゃいますよね。歌とか歌われます?

サヘル)よく声だけ聴いて、歌が上手そうと言われるのですが、まったくダメです。小学生のときに音楽の先生に「あなたは将来絶対に音楽をやった方が良い」と言われて推薦されましたが、音楽大学はお金の面が大変でしたので、その道には行きませんでした。声のことで褒められて、その道に行った方が良いと言ってくださった人は多かったです。

黒木)8歳でイランからいらっしゃったとのことですが、この間ドバイからアゼルバイジャンに行くときに、イランの上を通りました。私がたまたま見たところは砂漠と山しか無くて。

サヘル)イランにも四季があって、山があって海があって、日本とほとんど同じなのです。ですが、皆さんは“砂漠の中東=アラブ”のようなイメージをお持ちだと思うのです。でもイランに行かれた方は皆さん本当にびっくりするのですが、ピクニックする習慣があったり、お花見をする習慣があったり、スキーをしたりスノボをしたり、海沿いに行くと今度はマリンスポーツをやったりという、自然豊かでアクティブな国民性なのですよ。

黒木)ええ。そして偶々までそうやって飛行機から見て、調べたのですよ。そうしたら、おっしゃるように、こんなに色鮮やかでいろいろなところがあるのだと思いました。

サヘル)是非次回は立ち寄って下さい。イランの人は日本の方が大好きなのです。

黒木)そうなのですか。

サヘル)昔から『おしん』がいまも再放送されているのですが、基本的に80%くらいの視聴率なのです。

黒木)もう『おしん』の綾子ちゃんもとても大人になっていらっしゃると思いますけれども。

サヘル)小林綾子さんが大好きで、日本に来ると分かったときに何が嬉しかったかと言うと、おしんに会いに行けるのだということです。でも実際来てみたら大根も干していないし、着物を着ている人もいないし、発展した日本の姿に驚きました。私たちのなかで日本は『おしん』の時代で止まっている人も多いのですね。イランでよく観る日本のドラマは『おしん』か、いまは『カーネーション』なのです。

黒木)『おしん』か『カーネーション』。イランでもいろいろなものを放送して欲しいですね。その為にはサヘルさんが、イランと日本の虹の架け橋を是非よろしくお願いします。

サヘル)こちらこそ、ありがとうございます。頑張ります。

黒木)イランと言うとイランの映画も有名なものがあって、『運動靴と赤い金魚』とか『セールスマン』とか。

サヘル)そうですね。『別離』もお勧めです。『セールスマン』と同じ監督なのですけれども。あと『ペルシャ猫を誰も知らない』は、地下に潜った若者たちが歌うことにすべてを掛けたもので、実在した人たちなのですよ。映画を通して未知なる国イランを知って貰えたらいいなと思います。映画にはボーダーラインが無いので。

黒木)そうですよね。

サヘル)それが表現者としてやれることかなと思いますね。

黒木)イランの映画はお出になったことはありますか?

サヘル)いいえ、出たいです。憧れます。日本との合作を作りたいです。『風の絨毯』という、ペルシャ絨毯を題材にした日本とイランの合作映画があります。『風の絨毯』のように日本とイランが一緒に共同作品を作ったときにやりたいと思います。


サヘル・ローズ/タレント・女優

■1985年、イラン生まれ。
■8歳のときに養母と共に来日。当時通っていた小学校の校長に日本語を学ぶ。小学・中学時代には生活が困窮してホームレス生活を経験したり、いじめに遭うなど辛い思いをしたが、高校時代から芸能活動を始め、ラジオのリポーターとしてデビュー。
■以降、女優として映画やドラマで活躍するほか、タレントとしても数多くの番組に出演。
※イランでも放映されていた「おしん」が芸能活動を始めるきっかけに!

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.