やくみつる 還暦で人生の店終いをリアルに考える

「垣花正あなたとハッピー!」(3月19日放送)に、漫画家のやくみつるが出演し、還暦を迎えて、終活について語った。

先日、還暦を迎えたやくみつる。実は、やくは、還暦を迎える20年前、40歳の頃に「生前葬」ならぬ「生前還暦祝い」を行ったそうだ。「やはり漫画家なので、不摂生な生活を送っていますのでとても60まで生きられないと思っていたんです」と語った。それから20年が経ち、実際に還暦を迎えたことで、変化はあったのだろうか。

「“人生の店終い”をよりリアルに考えるようになりましたね」

やくは、のちのちコレクションしている相撲雑誌を好角家の能町みね子へ贈ることも決めているそうで、そのようなコレクションを同じコレクションが好きな人へ生前贈与することを決めているそうだ。また、終活も始めているそうで、

「自分があの世へ行ったあと、妻が貯金を切り崩して生活して、あとは自分の葬式代だけを残してきれいに使い切るような生活が理想ですね」

とそのプランを明かした。そんな、着々と終活を始めているやくだが、精神年齢は「中2から変わっていない」そうだ。

「お笑いも相撲も好きだし。いろんなものを集めたがるわ。女性の好みも変わっていません。当時から田代美代子さんをいまだに追っかけていますからね」

そのため、精神年齢と肉体の衰えとのギャップに悩んでいるそうで、

「昨日もイヤというほど、自宅の引き戸に肩をぶつけました。あとから考えたら、なんでそんな隙間を通れると思うの?っていう。ホント情けなくなる…」

と嘆くと、番組パーソナリティの垣花正アナウンサーは「でも、今の口を尖らせる顔は中2ですね。と笑った。アシスタントを務める那須アナウンサーは、「元気な時の方が転びやすい。もう少し歳を重ねると、無理をしなくなるから転ばなくなる。だからまだお若いんですよ」とフォローすると、やくさんは「肩をぶつけるうちが花ということですね」と納得した様子だった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.