リオ五輪・カヌースラローム男子カナディアンシングル銅メダリスト羽根田卓也選手「4年後には金メダルを取れるように頑張ります!」

9月8日(木)午後1時から放送した「土屋礼央 レオなるど」に、リオデジャネイロオリンピック・カヌー スラローム 男子カナディアンシングル銅メダリスト羽根田卓也選手が生出演した。

土屋礼央,羽根田卓也

土屋礼央,羽根田卓也

ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(月曜~木曜:午後1時~4時)のパーソナリティの土屋礼央は、 かねてからカヌー競技に注目しており、特に「羽根田選手のカヌーには見とれてしまう」と絶賛していた。
今回、土屋の熱いリクエストが叶い、9月8日(木)の放送に羽根田選手の生出演が実現。
今までの競技人生、リオデジャネイロオリンピックの裏話、東京オリンピックに向けての意気込みなど、 土屋の流れるような進行に乗って、羽根田選手がスラロームトークを繰り広げた。

2012年のロンドンオリンピック開催前から国内大会を 観戦するなど、カヌー競技に注目していたパーソナリティの土屋礼央は、特に羽根田選手について、「見とれてしまう。カヌー が体の一部みたいだ!」と絶賛。
番組では、冒頭にリオデジャネイロオリンピック後の日本におけるカヌーの人気、カヌー競技にまつわる豆知識などを 紹介した後、午後3時に待望の羽根田選手をスタジオに迎えた。

羽根田選手が持参した銅メダルを触らせてもらった土屋は「本当に重いですね。」と感激。
「帰国後に銅メダルを獲得した実感は?」という質問に羽根田は、「いろいろな方々に声をかけていただけたり、カヌーと言ってピンときてもらえるようになりました。 今回のオリンピックのメダルがいい方向にいけばいいと思っています。」

また、オリンピック決勝当日は風邪をひいていたというエピソードも披露したが、 オリンピックのパフォーマンスについては、「予選から決勝までを振り返ってみると、自分の競技人生の中で 一番のパフォーマンスが出たと思います。」とコメント。
最後に今後に向けての意気込みを問われると、「世界選手権やワールドカップなどまだ勝てていない大会がたくさんあるので、 そういう大会にどんどん勝っていって、4年後には金メダル候補と言われるように、 そして実際に金メダルを取れるように頑張ります!」と話し、出演を締めくくった。

<出演後の羽根田選手コメント>
緊張しました。もともとラジオが大好きで、まさかニッポン放送に出演できる と思っていなかったので、嬉しかったです。

土屋礼央 レオなるど
ニッポン放送 毎週月曜~木曜 13:00~16:00
パーソナリティ : 土屋 礼央