維新以外の政党が大阪都構想に反対するのはなぜか

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月18日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。大阪府知事・市長ダブル選挙で自民党が元市議の柳本顕氏の立候補を表明したことについて解説した。

大阪都構想 大阪 ダブル選挙 松井一郎 大阪府知事 吉村洋文 大阪市長 松井知事 吉村市長

【大阪ダブル選 柳本顕氏市長選出馬会見】大阪市長選への出馬を表明し、会見する自民党の柳本顕氏=2019年3月16日午後、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

反維新を掲げる元市議・柳本顕氏が立候補を表明

4月7日投開票の大阪府知事・市長のダブル選挙で大阪都構想を掲げる大阪維新の会に対抗する自民党は、反維新を掲げる元市議の柳本顕氏(45歳)が立候補を表明し、市長選に回る松井一郎知事に挑むことが明らかになった。

飯田)柳本氏に対して公明党は、府本部推薦とする方針を決めたということです。残りの野党については勝手連的な支援なのか、とも言われています。柳本さんご本人は、参院選に出るという話がかなり前から言われていましたが。

須田)公認を得て内定したと言うことでしたけれどね。

飯田)それを鞍替えしてと言うか、早めてということですけれども。反維新とのことです。

須田)私も先週金、土、日とずっと大阪に張り付いて、この問題も含めて取材して来たのですが、ピリピリしています。バランスの取れた報道をしないと両陣営からとんでもないクレームが来るものですから、大阪の地上波を中心として、とにかく終始バランスを取って報道しています。私もテレビに出たのですが、ほとんど発言をする場面がなかったです。

飯田)それくらいピリピリしている。

大阪都構想 大阪 ダブル選挙 松井一郎 大阪府知事 吉村洋文 大阪市長 松井知事 吉村市長

大阪クロス選 記者会見する松井一郎・大阪府知事(左)と吉村洋文・大阪市長=2019年3月8日 大阪市中央区 写真提供:産経新聞社

各政党にとって大阪市議会は力の源泉

須田)なぜこの問題が維新と自民党でぶつかっているのかと言うと、東京だとその感覚はないのですが、府の下に、下と言っても並立する形で政令指定都市の大阪市があります。ほぼ同様の権限を持っているのですが、大阪市内のエリアに関して言うと、直接住民と向き合って住民サービスを提供するという意味においては、大阪市が予算も権限も持っている。大阪市内の住民にとっては、大阪府より大阪市の方が身近な存在であり、府議会議員よりもはるかに市議会議員の方が頼りがいがあって身近な存在なのです。各政党にとっても、やはり大阪市、大阪市議会は力の源泉です。そこで予算をどう取って来るかということになります。その力の源泉を解体するかのような大阪都構想、大阪市を解体していくつかの特別区にして、大阪府の下に組み込みましょうということですから、言ってみれば大阪市議会解体、大阪市解体ということにつながってしまう。だから反対なのです。既得権益があるから反対。
今回の一件の火付け役と私は呼んでいますが、公明党も正にそうだったのです。公明党はもともと常勝関西、これは創価学会の組織内用語でして、「絶対負けられない大阪」と位置づけられている。なぜそこまでこだわるのかは先程申し上げたように、大阪市議会がある意味で公明党、或いは創価学会、関西の力の源泉だったからです。それを全部敵に回しているということで、こういう構図になって来る。維新 VS オール反維新という構図です。

飯田)そこに国政のしがらみは乗り越えてしまう。府知事に出る小西さんは連合も支援に乗り出すということが出ていて、労働組合と自民党がタッグを組むということは、東京から見るとすごい構図だなと思います。

須田)共産党も乗っかって来ますから。日本全国を見回してみても、自民党と共産党が手と手を携えるのは、ここだけではないでしょうか。各党にとって「市議会解体は絶対許さない」ということです。

大阪都構想 大阪 ダブル選挙 松井一郎 大阪府知事 吉村洋文 大阪市長 松井知事 吉村市長

政治 大阪府知事、大阪市長を米カジノ大手が表敬訪問=2018年12月12日 写真提供:産経新聞社

都議会と区議会の力の差

飯田)Twitterなどで意見がよく来ますが、そんなことを言ったって特別区にするのでしょう、と。そうすると東京の例を見るように区議会というものができて、そこに議員さんが行くのだから同じではないか、という見方がありますが、そうではないのですか?

須田)例えば千代田区と東京都を比べて見たときに、権限、予算を握っているのは圧倒的に東京都です。東京とは、戦中までは東京府東京市で、大阪と一緒でした。これだとあまりにも無駄だろうということで、当時の首相の東条さんが東京市を解体しろと言って東京市は解体され、23区になった経緯があります。その方がいまの東京都にとってはハッピーだったのではないかなと思います。いまの大阪のような状況が東京で続いていたら、東京オリンピックは来なかったのではないでしょうか。

飯田)ドラスティックな区画整理などはできなかったかもしれない。

須田)東京都議会議員と区議会議員を比べると、圧倒的に都議会議員の方が力を持っています。そういう状況にしてしまうと、うまみがなくなってしまうのですよ。

飯田)その辺を維新がどう解体して行くかというせめぎあいが、いまだに続いている。

須田)ただ小西さんは、東京だから小さな声で言いますけれど、あまり球としては良くないね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.