鈴木杏樹のいってらっしゃい

縁起が良い「春財布」~実は“張る財布”の語呂合わせ

タグ


財布を買い替えるタイミングですが、風水では3年ごとに買い替えると良い…と言われているそうです。
そんななか、『春財布』という言葉があります。“暦の上で『春』といわれる時期に買い替えた財布”のことで、金運を呼び込んで縁起が良いとされています。

その理由ですが、『春』という字が『張る(ふくらむ)』と同じ音で“張る財布”、つまり“お金がたくさん入っていて、パンパンに財布が張る”という語呂合わせからです。

暦の上では一般的に『春』とは、『立春』~『立夏』までのことを指しますが、今年の場合、2月4日~5月6日までとなります。この時期に買い替えた財布が『春財布』ということになりますが、『立春』からではなく、『新春』から『立夏』までといったように広く解釈する説もあります。

古くなった財布ですが、普通に処分して良いそうです。但しその場合、そのままポイッ! と捨ててしまうのではなくて、和紙やキレイな白い紙に包んでから捨てると良いそうです。そのとき、長年付き添ってくれた感謝の気持ちを込めて、粗塩を振ってあげると良いそうです。
また“お金の気”は“水の気”によって増えるそうなので、雨の日に捨てると新しい財布にも良い金運が入って来るそうです。


■杏樹の感想
 

私は、開閉式のファスナーの小銭入れが付いた長財布を使っています。お財布の買い替え時期の例として『春財布』のお話をしましたが、『秋財布』という言葉もありまして、これは“実りの秋”に繋がって、“お財布の中身が実る”という意味です。
いずれにしましても、ちょうどいまの時期はお財布の買い替えにピッタリですから、買い替えをお考えの方はぜひ。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.