「ボクはいいんだけど、YAZAWAがなんて言うかな?」矢沢永吉が言ったその意味は?

偉人の歴史に残る場面での名言を取り上げる 「高嶋ひでたけと里崎智也サタデーバッテリートーク」の“名言名場面プレイバック”。3月9日放送では、日本のロック界を牽引し続けるカリスマの中のカリスマ、矢沢永吉の名言を紹介した。

<芸能>40周年記念ライブで熱唱するロック歌手の矢沢永吉=2012年9月1日 横浜市・日産スタジアム 写真提供:産経新聞社

矢沢さんご自身の言葉ではありませんが、ある有名な文化人がこんなことを言ってます。

「世の中には、矢沢永吉を好きな人と、矢沢永吉を知らない人の二種類しかいない」

要するに「世の中に矢沢永吉を嫌いな人は、1人としていない!」ということです。分かるような気がしませんか。矢沢さんほど愛されている人は、ちょっと他にいませんものね。矢沢さんほどのカリスマともなりますと、その発言のほうも半ば伝説化されておりまして、本当に永ちゃんが言ったのかどうか、真偽のほどが定かではない名言もあるようです。そこを踏まえた上で、「愛すべきYAZAWA伝説」として楽しんでいただきましょう。まずは、コチラの名言から。

「ボクは別にいいんだけど、YAZAWAがなんて言うかな?」

あるとき、イベントスタッフが、矢沢さんが泊まるホテルのスイートを取ろうとしたのですが、手違いでツインを取ってしまった。慌てて謝ると、矢沢さんは、こう答えたそうです。
「あぁ、そうなの? いいよ、部屋がない訳じゃないんだから、気にしないでよ! ボクは別にいいから。ただ、ボクは別にいいんだけど、YAZAWAが何て言うかな?」
… 直後、あっという間にスイートが用意された──とも伝えられています。

続いて紹介するセリフも、伝説的な名言として余りに有名です。

「オマエらの一生かかって稼ぐ金、YAZAWAの2秒」

ある日、若いころの矢沢さんが、音楽関係の背広組の偉い方々と、口論になりました。で、アタマにきた偉い人が、ふんぞりかえって、こう言い放ったそうです。
「おい矢沢、調子に乗るな。 歌手ってのはしょせん人気商売だぞ。いつまでもこの人気が続くと思うなよ」
これを聞いた矢沢永吉、こう答えたそうです。
「お前らが、そうやって威張って、ガムシャラに働いたところで、お前らの一生掛かって稼ぐ金、矢沢の2秒」
言ってみたいねぇコレ! スカッとするでしょうね~~!

心温まるエピソードもあります。ライブの後には必ずシャワーを浴びる、矢沢永吉。あるとき、体育館でライブを行ったのですが、そこにはシャワールームがなかったそうです。困った若手のスタッフ。東奔西走いたしまして、子供用のビニールプールを調達して来ました。これに水を張って、控え室に置いておいたのです。控え室に戻った矢沢さんは、大きな声で「これ、用意したの誰?」と聞きました。若手スタッフが怒られるのを覚悟して手を上げると、矢沢永吉、ニッコリ笑ってこう一言。

「YAZAWA、キミの仕事、一生断らないから」

この若手スタッフが、「ベストを尽くした」のが伝わったということなのでしょうね。

『STAY ROCK EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018』DVDジャケット(写真はAmazonより)

ごく短いセリフでも、しびれる名言がキラ星の如く存在します。

「あの男に抱かれたいと思われなきゃダメ。それがロックだ」

「YAZAWAには才能がない。それは、子分になる才能だ」

「3年でサクセスできたけど、ハッピーになるには15年かかったよ」
(※矢沢さん本人じゃないと、内に秘めた苦労は分かりません…)

「年とるってのは細胞が老けることであって魂が老けることじゃない」
(※現69歳ですが、精力的にライブをおこなっている矢沢さん。魂は一向に老けていません)

お子さんの教育に関しては、すべて奥様任せだったという矢沢さん。ご子息の大学の入学式に行ったとき、奥様の手をトントンと叩いてこう言ったそうです。

「おまえ… よくやったな」

“人間・矢沢永吉”の温かみある素顔が垣間見れるエピソードですよね。最後に、意外と知られていないところで、なんとも深い名言をご紹介しましょう。
あるアナウンサーが、矢沢さんに向かって、こんな質問を浴びせました。
「いまもし矢沢さんが死んで、天使が迎えに来たら、その天使に何て言われたいですか?」
すると矢沢さん… 「決まってるじゃないか」と言ってこう続けたのです。

「“お疲れさま矢沢さん。ところで… 矢沢永吉って役は、どうだった?”って訊かれたいね」

これぞ、“ザ・矢沢永吉”とも言うべき至言ではありませんか。

高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク
FM93AM1242ニッポン放送 土曜18:00-20:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.