上田駅「幸村戦べんとう」(1,200円)~真田丸で駅弁満喫! 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E7系あさま

北陸新幹線E7系「あさま」

東京から北陸新幹線でおよそ1時間半、E7系新幹線が上田駅に入ってきました。
上田には長野発着の「あさま」と、金沢発着の「はくたか」の一部列車が停車。
日中は概ね毎時1本程度ですが、朝夕は毎時2本の新幹線が停まる時間帯もあります。
上田では在来線の「しなの鉄道」と別所温泉に向かう「上田電鉄・別所線」が接続。
特に別所温泉は古刹が多く「信州の鎌倉」とも呼ばれ、信州を代表する観光地の1つです。

真田幸村騎馬像

上田駅前・真田幸村騎馬像

そんな上田駅お城口に正面に建つのは「真田幸村公騎馬像」。
上田は、まさに今、大注目の真田氏が拠点とした街。
騎馬像も昭和58(1983)年の上田城築城400年を記念し、初陣をイメージして作られたといいます。
真田信繁(幸村)の初陣には諸説ありますが、一説には天正13(1585)年の第一次上田合戦とも。

ちなみに大河ドラマでは、間もなく「第二次上田合戦」が描かれますね。

上田城

上田城

「上田合戦」の舞台となった上田城へは、上田駅からゆっくり歩いても15分ほど。
お城口正面の道を真っすぐ登って、中央2丁目の交差点を左折すればお城です。
このルートで歩くと大手門跡から入れる上、城の遺構と思しき”鍵の手”になった道も体感出来ます。

今年に入ってからの上田城は、ツアー等で訪れる人も多く、平日でも大賑わい。
町じゅうが“まるまる真田一色”といった感じです。

幸村戦べんとう

幸村戦べんとう

当然のように駅弁だって、真田に乗っかります!
上田駅弁を調製しているのは、小諸市にある「ひしや弁当店」。
この「ひしや弁当店」が昨年末から投入した新作が「幸村戦(いくさ)べんとう」(1,200円)です。
掛け紙にも上田城と信繁(幸村)の騎馬像が描かれ、六文銭もバッチリ!
「上田合戦」が注目される今だからこそ食べたい駅弁ですよね。

幸村戦べんとう

幸村戦べんとう中身

【お品書き】
・信州地鶏黄金シャモの醤油麹焼き
・信州地鶏黄金シャモの照焼き
・信州ポークとエリンギの信州味噌風味
・千曲川サーモン塩焼き
・白土馬鈴薯のくるみ味噌焼き
・やまくらげなめこ入り
・獅子唐の素揚げ
・なま酢(柚子入り)
・山菜しばきくらげ
・花豆
・大根味噌漬
・ミニトマト
・山菜栗おこわおにぎり(笹巻き)
・きのこおにぎり(笹巻き)
・紫蘇いりおにぎり(大葉巻き)
※幻の米飯山産コシヒカリみゆき米を使用

信州の地の食材をたっぷり使った駅弁です。
ご飯を「おにぎり」にすることで「戦」っぽさを演出。
でも”小ぶり”にすることで、ご飯少なめの今どきな駅弁となっています。
その中で、ひしや弁当店の伝統駅弁「栗おこわ」も使ってちゃっかり自己主張。
策士・真田昌幸っぽい作りを感じさせますが、その真相は“全くわからん”????

なお「ドラマを観てないから真田信繁(幸村)のことが全く分からん!」という方は、駅弁の栞に「真田幸村一代記」がしっかり書かれています。
駅弁を食べながら、もしかしたら真田のことが「5分で分かる」かも!?

(取材・文:望月崇史)

ライター望月の駅弁膝栗毛