スポーツアナザーストーリー

横浜FC・三浦知良 平成30年間、プロとして続ける唯一の日本人選手

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。本日は、2月27日に毎年恒例のバースデーイベントを開いた、サッカーJ2、横浜FC・三浦知良選手のエピソードを取り上げる。

横浜FC 三浦知良 カズ キングカズ 誕生日 スーツ 白 毎年恒例 広島カープ 長野久義

贈られたケーキの前で笑顔を見せる横浜FCの三浦知良選手=2019年2月27日、横浜市 写真提供:共同通信社

「サッカーをプレーする情熱は、18歳でプロになってから何も変わっていない。逆に増しているんじゃないかと思うくらい。そういう情熱が原動力じゃないかな」

26日に52歳の誕生日を迎えた「キング・カズ」こと、元日本代表FW・三浦知良。27日、チーム練習を行った後、横浜市内のクラブハウスで恒例のバースデーイベントを開催しました。

毎年、報道陣の注目は「今年、カズは何色のスーツを着るのか?」。いつもバースデーイベントには鮮やかな原色のスーツを着て現れるカズですが、2014年、47歳のときに白のスーツで登場したのが注目されるきっかけになりました。

以降、カズは毎年スーツの色を変え、2015(48歳)→赤、2016(49歳)→青、2017(50歳)→ピンク、2018(51歳)→黄のスーツで登場。50歳の誕生日は、くしくもJリーグの開幕日と重なり、カズは開幕戦に先発出場。チームが勝った後、ピンクのスーツに着替え、報道陣の前に現れたのです。

さて、今年は?……50人近い報道陣の前に現れたカズが着ていたのは、5年前と同じ「白」のスーツでした。

「スーツを着て祝ってもらって、かれこれ5、6年経ちますが、ハッキリ言って色がありませんでした(笑)。僕が行く洋服店にはオプションがなく、また白に戻りました」

と、記者たちを笑わせたカズ。特注のケーキと、52本の赤いバラをプレゼントされましたが、またこれが絵になるのです。毎年、特注のスーツをあつらえて会見に臨めば、それなりの費用がかかりますが、サービス精神旺盛なカズにとってそれは当たり前のこと。

思えば、平成がスタートした1989年、日本にはまだJリーグは存在しませんでした。カズはそれより前、82年に15歳で高校を中退。単身サッカー王国・ブラジルに渡り、86年にプロ契約を勝ち取ります。

当時はまだ「昭和」。時代が平成に移った93年にJリーグがスタートし、カズはヴェルディ川崎(当時)の一員として横浜マリノスとの開幕戦に出場しましたが、つまりカズは「平成の30年間、ずっとプロサッカー選手としてプレーし続けた唯一の日本人選手」なのです。さらに5月になれば、「昭和→平成→新元号」と3つの時代でプロとしてプレーするという、とてつもない記録を樹立することに……。

味の素スタジアム(東京ヴェルディ1969 – Wikipediaより)

常に日本サッカー界を代表する存在であり続け、いまや世界のスポーツマスコミも注目するレジェンドとなったカズ。傍目には過剰にも見えるパフォーマンスも、日本人のほとんどがサッカーに見向きもしなかった時代を知っているからこそなのです。

報道陣に「平成の時代とは?」と問われたとき、カズの答えはこうでした。

「アマリーグからJリーグが誕生し、10チームで始まったJリーグも今は55チームになり、ほとんどの都道府県にJのクラブがある。それが一番大きな変化」
「選手1人1人のサッカーに対する意識、世界に出て行く意識、この30年間で大きく変わったと思う。これだけの成功を収めたプロリーグはなかなか世界を見てもない。これは日本人の誇りではないかなと思います」

昨年J2で、自動昇格となる2位に得失点差で届かず3位となり、プレーオフでもJ1昇格を逃した横浜FC。カズにとっても、久々にJ1でプレーするチャンスを逃した、悔しい出来事でした。

「この悔しさはチーム全員が持っている。今年は2位以内に入るというのが最大の目標。自分たちに厳しく、毎日やっていかないと目標は達成できない」

今年、宮崎の日南市でキャンプを張っていた横浜FC。今月8日、こんなことがありました。広島カープ・長野久義が、横浜FCのキャンプを訪問。カープのキャンプ地も同じ日南だったことから、休養日にお忍びでやって来たのですが、お目当ては「カズ」でした。

「サッカー選手になるのも夢だった」という長野にとって、カズは少年時代から憧れの人。練習終わりでカズに手招きされると、グラウンドに飛び出し、緊張しながら握手。その後、カズとリフティング合戦を始めました。球界のスタープレーヤーも、このときは「いちファン」の表情に。

「(長野が)新たな場所で新たな挑戦をするのは素晴らしいし、僕も刺激を受けます」(三浦)
「カズさんは、僕にとってのスーパースター。お会いできたことが本当にうれしいです。あっ、サインを頂いておけばよかった……」(長野)

24日に行われたJ2開幕戦は、長崎に惜敗した横浜FC。カズは残念ながらベンチ外でした。次節は3月3日、今季ホーム初戦になりますが、最年長記録を更新するカズの「52歳ゴール」と「カズダンス」をファンは期待しています。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.