乃木坂46新内眞衣「神宮球場ステージの下は絶対見せられない」

毎週水曜27:00(深夜3:00)から放送の「乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)」。
8月31日(水)の放送では乃木坂46の神宮球場でのライブ後の生放送でした。
ライブの裏側はとても大変だったようです。

新内眞衣

新内眞衣

「裸足でsummer」だけで4パターンくらいダンスや演出を覚える

神宮球場の3daysなんですが、台風の心配もあり、初日・二日目も雨でしたが、そんな中でたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。3日間終えて私の感想としては、まあ、ひたすら大変でした。乃木坂46が今まで世に出した112曲の楽曲すべてをリリース順に3日に分けて披露するライブでした。その段取りとかをツアーをやりながら覚えるのがすごく大変でツアー中に最新シングルの「裸足でSummer」だけで4パターンくらいダンスや演出を覚えなくてはいけなかったんです。何が一番大変かというと、衣装替えなんです。

ステージ下では衣装が脱ぎ捨ててあったり、ペットボトルが落ちていたり・・・

今回の神宮球場ではバックスクリーンのところにメインステージがあって、ホームベースのところにサブステージがあって、ホームベースからバックスクリーンまで花道があります。その花道にクロスしてサードベースからファーストベース方面にもう一本花道があるという十字のステージになっていました。
私たちはその花道の下を通ってステージを移動したりするのですが、花道の下を通るのがすっごい辛いんですよ。本当につらくって、高さがちょうど1メートルちょとくらいあって、かがまないと通れないですし、160センチくらい身長あるので腰を曲げて、すごい状態でいつも通っていました。
そんな花道の下の部分ですが、実は移動するだけではなくて、着替えもしているのですよ。知らなかったでしょ。あの狭さの中での着替えはまさに地獄絵図で、どんな状態かと言いますと、衣装さんがその狭いスペースにいて、衣装が脱ぎ捨ててあったり、ペットボトルが落ちていたり、けっこうハチャメチャなんです。絶対にファンの方には見せられないゾーンとなっています。

2分という短さに焦ってしまって間に合わないと思った

3日間の本編のラストの曲「裸足でSummer」で、衣装がここのところ番組で話している問題のセパレートタイプの衣装です。私はその「裸足でSummer」の前に「シークレット・グラフィティ」という曲を歌っていて、その時の衣装がワンピースタイプのインナーを着るタイプなんです。
その衣装から「裸足でSummer」まで2分で着替えなくてはならないんです。セパレートタイプなので戻ったらまず、インナーを脱いであらかじめ着ていたセパレートタイプ用のインナーにならなければならないのですが、2分という短さに焦ってしまってそのインナーを脱ぎ忘れてインナーの上からセパレートタイプを着てしまったんです。
だからインナーが丸見え、お腹の部分が真っ白という状態で、衣装さんにすごく怒られて「脱いで脱いで脱いで」ってせかされたのですが、もう、絶対に間に合わないと思ったのですが、その時、私は「ピン!」と来て「このインナー、たくし上げて胸の部分にしまえばいいんだ!」と思い、どうにかたくし上げてごまかしきりました(笑)。

<ラジオ:乃木坂46 新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)>
毎週水曜 27:00(深夜3:00)~28:30
ニッポン放送ほか全国ネット生放送
番組ホームページ:http://www.allnightnippon.com/program/zero/wed/
LINE LIVE:https://live.line.me/r/channels/231 (新内眞衣のオリジナル動画(アフタートーク)がアーカイブでご覧いただけます)