リオ2016パラリンピックもニッポン放送

リオデジャネイロオリンピックが終わって、スポーツの祭典が終わったと思っていませんか?まだまだ Rio は、スポーツで熱く盛り上がります。
日本時間の9月8日(木)から、リオデジャネイロパラリンピックが開幕します。

リオ2016パラリンピック競技大会http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/

リオ2016パラリンピック

リオ2016パラリンピックは、22競技を開催!

アーチェリー、陸上競技、ボッチャ、カヌー、自転車(トラック・ロード)、馬術、5人制サッカー、7人制サッカー、ゴールボール、柔道、パワーリフティング、ボート、セーリング、射撃、シッティングバレーボール、水泳、卓球、トライアスロン、車椅子バスケットボール、車いすフェンシング、ウィルチェアラグビー、車いすテニスの競技を開催します。

ニッポン放送では、現地リオから最新情報をお届け!

ニッポン放送では、現地にスタッフを派遣、リオパラリンピックの最新情報を、9月5日(月)~18日(日)までお伝えしていきます。

リオデジャネイロ パラリンピック リポート
月~金 12:32頃 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」内
土曜日 13:10頃 「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」内
日曜日 12:32頃 「土田晃之 日曜のへそ」内

リオデジャネイロ パラリンピック ハイライト
月~木 15:05頃 「土屋礼央 レオなるど」内
金曜日 15:02頃 「金曜ブラボー。」内
土曜日 15:43頃 「スイスイサタデー~カロ・ソリーゾ!」内
日曜日 16:45頃 「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」内

リオから伝えてくれるのは、ニッポン放送初登場のあのアナウンサー 

そんな「リオデジャネイロパラリンピック」のリポートをしてくれるのは、フリーアナウンサーの小笠原聖(せい)さん。

小笠原聖

ニッポン放送のリオパラリンピックリポーター 小笠原聖さん

「あっ!知ってる」という方、スポーツ好きですね。(笑)

高校野球の地方予選で、TVの実況をしたり、埼玉の方のラジオ局で、西武ライオンズの中継をしたり、スポーツ番組のパーソナリティをしたり、鉄道イベントの司会をしたりと、各方面で御活躍中のアナウンサー。
ニッポン放送の番組には初登場ですが、スポーツ部のアナウンサーとは、球場で顔見知りですし、飯田アナウンサーとは、「鉄道オタク」というククリで、イベントで一緒になったりと、裏ではつながりがあるんですよ。(笑)
そんな小笠原アナウンサーに、ちょっと話を伺いました。

-パラの競技の取材は何時頃からしていた?

去年の夏に行われたパラのイベントでMCをしたのが、大きな出会いでした。それまでも、興味はありましたが、取材まではいきませんでした。そのあと、パラ・パワーリフティングの大会の実況の仕事があって、さらに興味がわきました。そこから、個人的に大会を取材に行ったりしていました。

-パラの競技を説明すると?

皆さん、健常者の競技の延長線上に、パラの競技があると思っていますが、そうではありません、そのスポーツを楽しむためルールを作った、まさに新しい競技なんです。ルールも、いかにその競技を楽しんで見てもらえるか、など皆さんが工夫しながら、競技者と会場が一体になるように工夫をしながらやっています。そんな作っている姿を見ていると、本当に応援したくなります。

-最後に意気込みを。

 参加するパラの選手に話を聞くと、皆さん、金メダルを獲得したいという気持ちはあるものの、それ以上に、メダルを獲れば、『沢山の人に、パラの競技を知ってもらえる』という気持ちで、メダルを目指しています。私も、そんな皆さんのお手伝いをする気持ちで、リポートをしたいと思います。取材に行くと、皆さん、『そんなところまで見せていいの!』という所まで教えてくれます。パラ競技を皆さんに知ってもらおうと、本当に一生懸命なんです、そして優しい。一度、挫折を知ってるから、本当に優しい人ばかりです、そんな気持ちも伝えれたらなぁと思っています。

アスリートとして頑張っているパラリンピアンを、みんなで応援しましょう。

(よこい)