ウォーターベッドはなぜ気持ち良い? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

ウォーターベッド

ドリームベッド株式会社HPより 〈国内唯一のウォーターベッドブランド「ウォーターワールド」〉MORNING FLOWER 7 - モーニングフラワー7 –

『ウォーターベッド』とは、その名のとおり“水のベッド”です。
合成樹脂で出来た袋の中に水を入れて、それをマットレスにしたベッドです。

人間の体にはデコボコがありますが、寝た時に圧力がかかります。
ところが硬いマットレスの場合、このデコボコのせいで、寝心地が悪くなります。
逆にマットレスが柔らか過ぎると、体の重い部分だけが沈んで、背骨は不自然なカーブを描きます。
そこで“水に浮く”という“水の力”を利用して、より人の体を柔らかく、しっかりと支えて、心地良い眠りを作り出してくれるのが『ウォーターベッド』です 。
さらにヒーターによって、水の温度を一定に保つことが出来ますのでベッドに入った瞬間から、快適さを得ることが出来ます。

『ウォーターベッド』には『ハードサイド』と『ソフトサイド』の2種類のタイプがあります。
『ハードサイド』は木で出来た枠の中に、水の入ったマットレスを入れるタイプで、これにより柔らかいマットレスが固定されるので、寝心地が柔らかくなるそうです。
それに対して『ソフトサイド』は、木の枠の上に水の入ったマットレスを載せるタイプです。
マットレスの形が崩れないように、カバーにしっかりとした素材を使うため『ハードサイド』と比べると、寝心地は少し硬い感じがしますが、その分、寝た時の揺れは少なくなります。

『ウォーターベッド』は、合成樹脂で出来た袋を使っているため、長持ちさせるためのメンテナンスが必要です。
そのため年に1回、袋の中に防腐剤を入れます。
他にも、ヒーターで温められた水が気化することで、袋の中に自然と空気が溜まってきます。
やがてチャプチャプと、音がするようになってきますので、定期的に空気抜きをする必要があります。

『ウォーターベッド』で寝たことがありますが、本当に快適で、朝までグッスリ寝ることが出来ました。

(2016/9/1放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。