王会長 ソフトバンクがFA補強をしない理由を語る

「草野満代 夕暮れWONDER4」(2019年2月7日放送)では、番組パーソナリティーの草野満代が、ソフトバンク王貞治会長にインタビューを行った。

 
ソフトバンクは昨年オフ、2013年に日本ハムから鶴岡慎也、中田賢一投手を獲得して以来、5年ぶりのFA市場に参戦した。これまで、FA市場にあまり参戦しなかった理由を伺った。

「基本的には、選手をFAで獲らないという方針でやってきていて、他のチームに比べたら生え抜きの人は、12球団で一番あると思います」

と、球団の方針としてFAで選手を獲得するよりも生え抜きの選手を育てることに重点を置いていることを明かした。さらに、その理由について王会長は、

「やはり先輩から後輩に受け継いでいくもの。練習の仕方から含めて、人が横で動いていくよりも“ホークスカラー”とか、少し言葉は古いけど“伝統”とかね。今は、選手たちが先輩が後輩に教えてくれるから、我々があまり横からあれこれ言うことはないし。野球ができる環境だけしっかり作ればいいと思っている」

とホークスの強さの秘密を明かした。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.