しゃベルシネマ

Kis-My-Ft2の北山宏光が、猫になっちゃった???

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第567回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、2月15日に公開される『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』を掘り起こします。


猫の姿で人生を挽回する! でも、どうやって???


売れない漫画家・高畑寿々男は、妻・奈津子(多部未華子)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い込み、気ままな生活を送る日々。ところがある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に対し、あの世の関所の裁判長が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。ただし“猫”の姿で…」というもの。

トラ猫の姿で奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は“トラさん”と名付けられ、高畑家で飼われることになる。愛する家族のために役に立ちたい寿々男だが、猫なので言葉さえ通じず悪戦苦闘。果たして寿々男は、人生を挽回することができるのだろうか…。


板羽 皆による人気コミック「トラさん」が実写映画化! ファンタジーな世界観と温かいストーリーが、スクリーンにお目見えします。


トラさんこと高畑寿々男を演じるのは、Kis-My-Ft2の北山宏光。映画初出演にして初主演! そして初の猫役に挑戦…とくれば、ファンならずとも興味をそそられるところ。ダメ夫だけどどこか憎めない寿々男と猫のトラさんをチャーミングに演じる姿は必見です。

また寿々男の妻である奈津子役に多部未華子、娘・実優役には、子役で活躍中の平澤宏々路、カリスマ漫画家・浦上栄剛役に要潤、“あの世の関所”の裁判長役にバカリズムと、個性的なキャスティングが実現。そして、飯豊まりえがお嬢様猫のホワイテスト役と、こちらもキャリア初(?!)となる猫役にチャレンジ。そのキュートさも見逃せませんよ。


大切な人がそばにいるありがたさ。そんな当たり前のことに、ふと気づかせてくれる本作。涙あり、笑いありの家族のストーリー。寒い季節、心がホワッとあったかくなる作品です。


トラさん〜僕が猫になったワケ〜
2019年2月15日(金)から全国ロードショー
監督:筧 昌也 脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム ほか
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会
公式サイト http://torasan-movie.jp


八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.