オーストラリア発の太らないおやつ“ブリスボール” 【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

こんにちは本仮屋ユイカです。本日は注目ワードや雑学を紹介するココロエ版「は・び・ふ・へ・ほ」です。

女性に人気のドライフルーツ。
手軽に作れるフードドライヤーという家電もヒットしているようなのですが、今日はそんなドライフルーツやナッツなどから作る新感覚のおやつについて学びたいと思います。

オーストラリア発祥のブリスボール。
これはマカデミアナッツ、アーモンド、カカオパウダー、自然な甘さを持つナツメヤシの実をはじめ、様々な自然素材を練って混ぜ合わせた一口サイズのボール状のお菓子です。

ブリスボール

日本初のブリスボール専門店『FOOD JEWELRY』HPより

見た目はよくあるお菓子ですが、ブリスボールは砂糖なし、グルテンフリー、添加物なしがコンセプト。
色や味わいは素材そのものを最大限生かしており、栄養価も高いことから特にヨガをやる人の間で支持されているとのこと。

そんな体にやさしいと噂のブリスボール、レシピもあって自分で作ることもできますが、来月には日本にも専門店がオープンするそうです。

<本仮屋さんの感想>

まず、今日の感想を「は・び・ふ・へ・ほ」で言うと、「ふふふ、へへへ」という感じでしょうか。

砂糖なし、グルテンフリー、添加物なしって、超ヘルシー!
ものすごく体にやさしくて、おいしいという、これは最高のおやつですね。
アサイ、チアシードなどのスパーフード、自然由来のプロテイン、野菜パウダーをプラスしたものなどを個々の体質・体調・ライフスタイルに合わせて売っているそうです。

私も早速、ブリスボール的なものを食べてみました。
これは直径1センチくらいでベーツ、カシューナッツ、クランベリー、ドライチェリー、アーモンド、チアシードなどが砕いてあって、1個のボールになっています。
ドライフルーツ特有のねっとりした感じ、しっとりとした甘さがありつつも一度砕いて丸くなっているから普通のドライフルーツよりサクっとした食感もある。
一粒での満足感もあります。

本日は健康的なおやつ、ブリスボールについて学んでみました。

(2016/8/30放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~