しゃベルシネマ

水陸ハイブリッド型のヒーローって、何者?

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第563回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、2月8日から公開の『アクアマン』を掘り起こします。


予測不能! ド迫力の海中バトル・エンタテインメント!!


アメリカン・コミックの世界では様々な特殊能力を持つヒーローたちが活躍していますが、そのなかでも異色なのが、アクアマン。海に住む生物とのコミュニケーションを持つ男って、一体何者なのでしょうか???


アクアマンことアーサー・カリーは、元女王であるアトランナと人間の父との間に生まれた海底王国アトランティス帝国の末裔。一見ぶっきらぼうだけど、実は最高に熱いハートの持ち主で、命がけで戦うときもユーモアを忘れない頼れる男です。

アトランティスから遠く離れた地上で人間として暮らしていたアーサーですが、一人前の男として成長させたいアトランティスの参謀・バルコの指導により、幼い頃から鍛錬を続けて来ました。強靭な肉体で、時速160キロのスピードで泳ぎ、人間の150倍の力を持つという規格外の能力の持ち主。深海を猛スピードで駆け回り、迫り来る敵にも躊躇なく戦いを挑む姿は勇敢そのもの。

陸上と水中、両方で暴れ回ることができるハイブリッド型ヒーローなのです。


そんなアクアマンを演じるのは、ハワイ出身のワイルドなイケメン俳優ジェイソン・モモア。ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のカール・ドロゴ役でも知られており、『ジャスティス・リーグ』にもアクアマン役で出演しました。

屈強な肉体の超人を演じるにはビジュアル的に最適とも言えるジェイソン・モモアですが、実は大学時代は海洋生態系を学んでいたとのこと。彼のキャリアそのものに“海”は深く関わっていて、そういった意味でもハマリ役と言えるでしょう。


持ち前のパワーと能力を駆使して、人類征服のために地上世界へ侵攻する海底王国に立ち向かうアクアマン。海中での戦闘シーンはまるで一緒に海のなかを泳いでいるかのような臨場感で、まさに人類未体験の域を体感することができます。あなたもきっと、異色ヒーローの虜になりますよ。


アクアマン
2019年2月8日(金)から全国ロードショー
監督:ジェームズ・ワン
出演:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/


八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.