子供を幸せにする3つのチカラ~自己肯定感、意思決定力、共感力

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(2月3日放送)に日本小児科学会の高橋孝雄会長が出演。「子供を幸せにする3つのチカラ」について語った。


淵澤)今回は「子供を幸せにする3つのチカラ」についてお伺いします。この「3つのチカラ」のお話は、高橋さんの著書、マガジンハウスから去年9月に発売された『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』に書かれています。

自見)まず1つ目が「自己肯定感」。

高橋)いちばん簡単な言い方ですと、お子さんが「生まれて来てよかった」「お母さんの子供でよかった」と思っていることが自己肯定感のある状態。自己肯定感がない状態があるのか? と言うと、心配はいりません。人間は十分な自己肯定感で「生まれて来てよかった」と産声をあげるわけです。それは人間、あるいは生物の遺伝子のなかに「生まれて来てよかった」と感じるチカラを持っているからです。

自見)赤ちゃんはニコニコしていますものね。

高橋)笑わない子供はいません。生後4ヵ月で声を出して笑うのは、子供の発達のなかで最も重要なポイントです。「笑う」「幸せである」ことは、もともと人に組み込まれたデフォルトなのです。だから、これを削らないようにすればいいだけではないかと思います。

淵澤)そして2つ目が「意思決定力」。

高橋)自分のことは自分で決めるというチカラ。「自分のことを自分で決めていいんだ、という安心感」と言ったほうが正確かな。子供にせよ大人にせよ、自分で決めた大半のことは失敗します。目標通りには行きませんし、後悔します。でも後悔を成功に導く方法は、はなから自分で決めたものであるということ。自分で決めた物事の失敗で学ぶことは、ある意味、成功なのです。

自見)受け止めるチカラにつながりそうですね。子供を幸せにする3つのチカラ、最後は「共感力」。

高橋)1つ目の「自己肯定感」、「生まれて来てよかった」と思う気持ちは誰でも持っています。その幸せをもっと具体的に、大きく大きく膨らませるチカラが「共感力」なのです。振り返ってみても自分の人生で幸せなことはそうはありません。
ところが、人の幸せを自分の幸せのように「よかったね」と思えたら幸せになります。子供に起こった幸せな出来事は、親は幸せと思えます。親の幸せのほとんどは、子供の幸せではないでしょうか? 自分の幸せは1万円ぐらいですが、10万円ぐらいに増えます(笑)。
子供以外でも、世の中で出会ういろいろな人の幸せもそうです。スポーツ観戦なども「金メダルやったあ!」、場合によっては残念だけれど「よく頑張った」という「共感力」が、自分の幸せをどんどん増幅させて行きます。1億円ぐらいになります(笑)。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.