「銀河鉄道の夜」のモチーフとなった橋へ行ってみた~一ノ関駅「いわてSLおにく号弁当」(1,350円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160405-1

C58形蒸気機関車の239号機が先頭に立つ、岩手県・JR釜石線の観光列車「SL銀河」号。
2014年の運行開始以来、高い人気を誇ります。
今シーズンは、4月23日(土)の釜石行から運行スタートの予定。
基本的に土曜日が「花巻⇒釜石」、日曜日が「釜石⇒花巻」で運行されます。
(画像は2015年5月撮影)

bl160405-2

SL銀河」は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフに誕生した観光列車です。
その「銀河鉄道の夜」のモチーフになった場所として知られるのが、遠野市の「宮守川橋梁」。
通称「めがね橋」として知られ、国道283号と宮守川を渡る半円の5連アーチが美しい橋です。
橋の脇には、国道283号の「道の駅みやもり」が併設され、クルマでのアクセスも簡単です。
この「めがね橋」、日が暮れますと・・・?

bl160405-3

なんと!美しいライトアップが始まります。(毎日:日没後~夜10時まで)
ちなみに、半円アーチの橋脚は高さ20メートル、全長107メートル。
出来たのは、今から100年以上前の大正4年で、昭和18年にこの形に改修されたといいます。
現在では、土木学会選奨の「土木遺産」「近代化産業遺産」にも認定されています。
(参考:遠野市ホームページ)

bl160405-4

この「めがね橋」で「銀河鉄道の夜」のような景色を撮影するなら、夕方6時台の列車がオススメ。
宮守駅18:22発の快速「はまゆり5号」釜石行は、キハ110系気動車の3両編成で運行されます。
他にもライトアップ時間帯には、何本か列車はありますが、普通列車は車長も短め、編成も1~2両。
となると撮影に有効な時間帯で、最も長い編成となる「はまゆり5号」がねらい目になるような気がします。
今回は「ルートハンター」でお邪魔した際の画像ということで、クルマと一緒の「はまゆり5号」を・・・。

bl160405-5

2年前の「SL銀河」の運行開始に合わせて、登場した駅弁がいくつかあります。
今回はその1つ「いわてSLおにく号弁当」をいただいてみました。
調製元は、一ノ関駅で駅弁を販売する「斎藤松月堂」さん。
この駅弁は、主に盛岡駅の駅弁売場で見かけることが多いです。

bl160405-6

肉好きにはたまらない、岩手県産の「牛・豚・鶏」肉のそろい踏み駅弁。
牛はつけだれのの「炙り焼き」、豚は少し珍しい「から揚げ」、鶏は定番「照り焼き」です。
斎藤松月堂さんは以前から前沢牛、最近は門崎熟成肉を使った駅弁を出しており、肉駅弁は十八番。
特に牛の「炙り焼き」は、一ノ関駅で単独の駅弁としても売られています。
真ん中の蓮根と生姜が「SLの動輪」を想起させ、ふたを開けた瞬間から汽車旅が始まる・・・そんな気分にさせてくれる駅弁です。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。