老眼って止められないの?  健康の気になる疑問に医師が回答

「草野満代 夕暮れWONDER4」(1月17日放送)では、老眼に関する話題を紹介した。


「老眼って何?止められないの~?」というリスナーからの質問に対して、番組パーソナリティの草野満代は、「近眼が強いからまだ老眼になっていない」とのこと。スポーツ実況を担当する松本秀夫アナウンサーは、「昔、視力は2.0だったのですが、今は選手名鑑見るのに一苦労」というほど老眼になっているという。

東京衛生病院 附属教会通りクリニックの眼科の先生によると

私たちは物を見る時、目の中の水晶体というレンズが厚くなったり、薄くなったりしてピントを合わせています。ところが年齢とともに水晶体が硬くなり、ピント合わせの力、調節力が弱くなり、近くのものにピントを合わせることができなくなる。これを老眼と言います。年齢とともに、出てくる変化であり、残念ながら老眼を止めることはできません。

この答えを受けて、草野は「では、どうすればいいのでしょうか?」と問うと、松本アナは「止められません!」ときっぱり。最後は「じゃあ老眼に、慣れるしかないんですね!」と納得した草野だった。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.