「マスクって、ホントに効果あるの?」 お医者さんに聞いてみました

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(1月7日放送)で、「マスクは本当に効果があるのか?」という疑問について解説した。

 

「毎日着けてるけど、効果あるんじゃないの?」
「正しいマスクの着け方とかあるのかな?」

これについて東京衛生病院・医局長補佐 内科部長の倉澤聡先生が解説した。

「マスクの種類と使う目的によって、質問の答えが変わりますので、一言で返答はしづらいのですが、、、。おそらく、質問の趣旨は風邪やインフルエンザの感染予防について市販のマスクで効果があるのか?という質問だと思いますので、それについて、お答えしたいと思います。

市販の紙やガーゼでできた普通のマスクでは、風邪のウイルスや、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐことはできません。つまり効果が期待できません。感染した人が咳などをして空中に飛び出したウイルスはマスクを通リ抜けて、気道に吸入されてしまいます。ただし、最近は空気中に飛び出したウイルスだけでなく、手などに付着したウイルスが口に入ってもインフルエンザ感染を起こすことがわかってきており、こうした接触感染については効果が期待できると思います。

感染した人が、周りにウイルスを撒き散らさないようにとマスクを着用するのが、元々の目的です。使用方法で特に注意することはありませんが、できるだけ隙間がなくなるように、また、鼻も口も完全に覆うように着用しましょう」

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.