鈴木杏樹のいってらっしゃい

なぜイノシシの赤ちゃんは「うり坊」と呼ばれるの?

タグ


イノシシは、時速50キロものスピードで走ると言われています。1秒間に約14メートルも走ることができます。そして1度走り出すと、簡単には曲がることができません。
ただひたすら真っ直ぐ走り続けるので、そんなところから“ガムシャラに突き進むこと”をイノシシに例えて『猪突猛進(ちょとつもうしん)』と言います。

イノシシは昔から、縁起の良い動物と言われています。その理由は3つあります。

1つめは『金運を招く神様』
イノシシの首から背中にかけて生えている長い毛は、とても強くて丈夫なので、イノシシの毛を財布のなかに入れておくと“金運が切れない”と言われています。

2つめは『交通安全の神様』
イノシシの首は衝撃に強くて丈夫なので、“もしものときもケガを防いでくれる”と言われています。

3つめは『安産の神様』
イノシシは1回のお産で、5匹~6匹の子どもを産みます。そんなところから“安産の神様”と言われています。

イノシシの赤ちゃんですが、生まれたときから体には縞模様があります。太いものから細いものまで、全部で10本位の白い縞があって、その姿が『シマウリ』という作物に似ていることから、イノシシの赤ちゃんは『うりんこ』とか『うり坊』と呼ばれています。
この縞模様ですが、生後3ヶ月から5ヶ月で消えてしまうそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.