ムード歌謡グループ「純烈」結成のきっかけは、前川清と大ウソ!

「草野満代 夕暮れWONDER4」(12月13日(木)放送)では、平成最後の紅白歌合戦に、念願の初出場を叶えた、デビュー9年目の5人組ムード歌謡グループ「純烈」の独占インタビューを行った。

競馬京都 第35回 マイルチャンピオンシップ プレゼンターの純烈 提供産経新聞

元戦隊ヒーロー・元仮面ライダー俳優、そして、業界未経験の元大学生で結成した異色の組み合わせ。こんなバラエティあふれるメンバーを集めたのは、リーダー兼プロデューサーの酒井一圭。「純烈」を結成しようと思ったきっかけは意外な理由だった。

「リーダーが足を骨折して、動けない状態になった時に、何をやろうかとなと思った時に、夢に前川清さんが出てきて、なんでこんなに出てくるのかな?と思って、考えついたのは、一歩も動いていないという気づいて。そこで、ムード歌謡を歌おうって思ったのがきっかけです。」

ちなみに、前川清さんの夢を見た酒井は、「事務所もレコード会社もデビューも決まっている」と他の4人に声をかけてグループを結成。ところが、これは全部ウソだったそうだ。

それから、メンバーは、アルバイトをしながら地道な下積みを重ねて全国各地のスーパー銭湯や健康ランドで、お客さんと距離が近いパフォーマンスをしながら、支持を集めてきた。合言葉は、「夢は紅白!親孝行!」そして、今年、やっとつかんだ紅白出場!
現在の心境を語った。

「本当に、応援してくれたみなさんや、両親が見てこの人たちを応援して、よかったなって思えるようなステージにしたい。もう、出ることは叶ったので、白組として紅組に負けないように頑張っていいステージを務めたい。」

東京理科大学を辞めて10年後につかんだ、メンバーの後上さんは、ショウアップナイターでの松本アナウンサーの実況に、勇気づけられたこともあったとのこと。そんな「純烈」が出演する紅白歌合戦、いったい、どんなステージになるのか期待したい。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

 

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.