ハロー千葉

「キャンプ」と「キャンパス」の語源は同じ?

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて耳より情報を紹介する。今回は、成田ゆめ牧場より「ファミリーオートキャンプ場」の話題だ。


近年ますます盛り上がりを見せるキャンプ
BBQなどの人気も手伝い、夏の長期休暇などでキャンプを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。
家族や団体だけでなく、ソロキャンプや、女子1人で楽しむ女子キャンプなども耳にしますよね。

さて、そんな「キャンプ」ですが、もともとは軍事訓練の意味合いが含まれていました。
語源はラテン語の「campus(camp)」だと言われています。「野(野外)」という意味合いがあったり、「平らな」を表す言葉でもあるそうです。

『日本キャンプ協会』によると、軍事行動として平らな場所に砦を築き、兵隊を配置して訓練を行ううちに、「CAMP」という言葉そのものが「共に生活しながら、兵隊の訓練をするところ」という意味合いを持ったそうです。そして、「仲間と共同生活をする」場所という意味に変わって行ったとか。
キャンプのイメージにテントがつきものなのも、軍事訓練で拠点とする場所にテントを設営することからと言われています。

ちなみに、大学構内を示す「キャンパス」も、同じ語源が由来となっているそうです。
こちらは「フィールド」という意味も含まれるようで、一説にはケネディ大統領が話のなかで使って広まったという説もあります。

私たちがいま当たり前のように使っている言葉も、何十年、何百年後には違った意味合いになっているかもしれませんね。


光であそぶ、光とふれあう「光の体験牧場」へようこそ!
成田ゆめ牧場は土日祝限定で冬季夜間営業を開催中。幻想的な「光のトロッコ列車」が夜の牧場を駆け巡ります。

さて、そんな夜の牧場の隣には、これまた沢山のお客様がいらっしゃるんです。それも夜通しで。
そう! 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

「え?こんな寒い時期に?」

そうなんです。もう12月だと言うのに、電源サイトを中心に多くのお客様で賑わっています。
予約も日々埋まっていく状況なので、まだ空きがある1月以降のお話で。

電源サイトでホットカーペットにくるまるなら「あったか宿泊パック」、電気なしでぬくぬくキャンプを楽しむなら「薪使い放題パック」がお勧め!

お安く暖かく「冬キャン」が楽しめるパックなので、まだ予約が間に合うだろういま、詳細をホームページで要チェック!

繰り返しますが1月予約のお話ですのでお間違いなく!
新年は澄んだ冬の夜空の下、お得で暖か冬キャンプ!

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場
入退時間:in9:00~17:00
退場時間:out17:00
※12月、1月、2月の平日のチェックインは10:00~16:00
※12月、1月、2月の土日祝のチェックインは9:30~17:00

利用料
・大人(中学生以上): 2,000円
・小人(3歳以上):1,000円
・大型犬: 1,200円
・中型犬: 800円
・4輪車:1,200円
・2輪車:600円
※電源サイトを使用する場合は1サイト1泊につき¥1,000増
詳細はこちら

【ハロー千葉】

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.