スポーツアナザーストーリー

広島・丸の巨人FA移籍に親友・田中の想い

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。本日は、30日に巨人へのFA移籍を決断した、広島カープ・丸佳浩選手と、同い年のチームメイト・田中広輔選手のエピソードを取り上げる。

プロ野球 セ・リーグCS2 広島対巨人 生還した、広島・丸佳浩と田中広輔 提供産経新聞

「野球選手として環境を変えて一からチャレンジしようという気持ち。11年間応援してくれて感謝しかない」

30日、広島の球団事務所を訪れ、巨人移籍を報告。退団の挨拶をした丸。自分を育ててくれたカープについて、報道陣の前でそう語りました。決断したのは29日夜だったそうで、本人が言うように、悩みに悩み抜いた上での決断でした。
交渉をした広島、巨人、ロッテの中で、最終的に「5年総額35億円規模」と最も高額の条件を提示した巨人を選んだわけですが、「結局最後はお金か……」という批判が出るのは承知の上。それよりも「自分がカープ以外の環境で、どこまでやれるのか?」「より整った環境に身を置けば、今年以上の成績が残せるんじゃないか?」……丸自身が言うように、いちアスリートとしての「チャレンジ精神」が勝ったということなのでしょう。

また、家族と過ごす時間を大事にしている丸にとっては、環境面でのケアも気に懸けていたようで、どうやらそのあたりの条件も、巨人は手厚かったようです。

「やっぱり『家族のことが一番心配』というのは、僕も丸から聞いていました。子供も小さいから、環境とかその辺が気になるんじゃないかと思います」

そんなふうに理解を示したのは、「タナキクマル」トリオの1人、田中広輔です。高卒でカープに入った丸の方が、大学・社会人経由の田中より入団は6年先輩ですが、2人は89年生まれの同い年(29歳)。普段も気心が通じ合う親友同士なのです。

「タナキクマル」は今年で見納め、ということになりますが、その3ショットが、巨人移籍表明の前日・29日に実現しました。毎年恒例「三井ゴールデン・グラブ賞」の授賞式です。守備の名手・菊池と丸は、守備力を基準に選出されるこの賞を、ともに6年連続で受賞していますが、田中だけは、好守備を再三見せながら。この賞に縁がありませんでした。なぜなら同じショート部門に、巨人・坂本勇人という守備の名手がいたからです。

坂本に勝って、タナキクマル・3人揃ってゴールデン・グラブ賞を受賞することは、田中の悲願でもありました。去年、ショートでの田中の失策数は「16」とリーグワーストでしたが、今年は「7」と半分以下に減り、ついに初の受賞。丸は授賞式でこうコメントしました。

「毎年、菊池と獲っていたけど、田中が“3人で獲りたい”と言っていた。それが叶って嬉しい」

来年からはライバルとして対戦することになる、丸と田中。チームが変わっても、友情に変わりはありませんが、田中はこう言います。

「寂しい気持ちもあるが、丸の人生。戦力的には痛いが、そういう世界」

4連覇か? 5年ぶりのペナント奪回か?「タナキクvsマル」となる来季、開幕戦のカードはいきなり、マツダスタジアムでの広島−巨人戦。……来年のセ・リーグ、なかなか目が離せない状況になりそうです。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.