鈴木杏樹のいってらっしゃい

「通信のため」から「純粋に音楽を楽しむため」のヘッドホンへ

タグ

PortaPro(コス (企業) – Wikipediaより)

1880年頃、電話の交換台で働くオペレーターさんのためにヘッドホンが使われるようになりましたが、その後、フランスのエルネスト・ジュール・ピエール・メルカディエさんが、電話の受信機用としてイヤホンを開発して、1891年頃にアメリカで特許を取られました。

この当時、まだラジオの放送はありませんので、音楽を楽しむにはコンサートホールや教会に行って、生演奏を聴いていました。
そんななか、1895年にイギリスで『エレクトロフォン』という有線放送が誕生しました。
これはコンサートホールや劇場、教会などにマイクを設置して、そのマイクを通じて演奏された音楽が、電話線を伝わって自宅まで届く…というものです。それをヘッドホンのような形をした『レシーバー』で聴いて楽しむ…という仕組みでした。

1910年、アメリカのナサニエル・ボールドウィンさんが、2台のレシーバーをヘッドバンドに取り付けたものを考えました。これが現代のヘッドホンの原型となりました。
このヘッドホンに注目したのが、アメリカの海軍でした。激しい音がする戦場でも、音がかき消されずに指令を伝えることができるということで、実際に戦場で使ったそうです。

それまでは主に、通信のために使われていたヘッドホンでしたが、1958年、アメリカのジョン・コスさんが世界で初めてステレオヘッドホンを開発しました。まさに“純粋に音楽を楽しむためのヘッドホン”の誕生でした。

日本でヘッドホンが日常的になったのは、1979年(昭和54年)、ソニーの携帯用オーディオプレーヤー『ウォークマン』の誕生がキッカケです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.