しゃベルシネマ

あるインド人男性が生理用品を手作りした、切実な理由

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第526回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、12月7日公開の『パッドマン 5億人の女性を救った男』を掘り起こします。


インドでNo.1ヒット! 驚きと感動に満ちた実話を映画化


パッドマン…と聞いて、新たなヒーローの誕生をイメージした人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし彼は、バットマンやスパイダーマンのように特殊能力を持っているわけでも、世界の平和を守っているわけでもありません。彼が救ったのは、5億人の女性たち。パッドマンとは、現代のインドで“生理用品”の開発と普及に人生を捧げた、実在の人物なのです。


インドでは生理用ナプキンは輸入品に頼っていたため、とても高価なもの。どのくらい高価かと言うと、ファストフード店でオーダーするドリンクの約11倍! しかもこれは、本作の舞台である2001年、要するに21世紀になってからのお話。インド国内における生理用ナプキンの普及率が、その当時、わずか12%だったという事実に衝撃を覚える人も多いことでしょう。


北インドの田舎にある小さな工房で働くラクシュミは、妻のガヤトリと結婚式を挙げたばかり。幸せな結婚生活を送っていたが、ある日、ラクシュミは妻が生理になったときに、不衛生な古布を使って処置しているということを知り、ショックを受ける。そして高価な生理用品を妻にプレゼントしたものの、家計を考える彼女から拒否されたため、ラクシュミは自分で衛生的な製品を作ることを決意。

しかし生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミには、村人たちから奇異な目が向けられ、数々の誤解や困難に直面していく…。


インド映画らしいエンターテイメント性を追求しながら、衛生的なナプキンが手に入らず、生理障害に悩むインドの女性たちの実情、そしてインド社会における女性の自立にまで踏み込んだ本作。モデルとなったアルナーチャラム・ムルガナンダム氏は、このナプキンの開発にまつわる数々の功績が認められ、2014年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたほか、インド政府からは2016年に褒章パドマシュリを授与されました。

“生理用品がテーマの映画”と言われると、インド人に限らず我々日本人も、いささか気後れしてしまうかもしれません。しかし想像を越えるほど壮絶でハートフルなラクシュミの生き様は、女性だけでなく男性にも知ってほしい! 観る前と観た後で、その“ギャップ”の大きさは、2018年公開作品のなかでもNo.1です!!

差別に試練、何があっても諦めない不屈の精神の持ち主、ラクシュミ。そこにあったのは、ただただ、愛する人を守りたいという想いのみ。パッドマンこそ、史上最高のリアル・ヒーローなのです。


パッドマン 5億人の女性を救った男
2018年12月7日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:R.バールキ
出演:アクシャイ・クマール、ソーナム・カプール、ラーディカー・アープテー ほか
©2018 SONY PICTURES DIGITAL PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト http://www.padman.jp/
第31回東京国際映画祭 特別招待作品

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.