森永卓郎が指摘!大阪万博は危ない!

経済アナリストの森永卓郎が、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(11月28日放送)に出演し、『大阪万博!経済効果は2.2兆円?』と題して大阪万博について語った。

りそな総合研究所は、2025年に大阪市で開催されることが決まった国際博覧会の経済波及効果が2兆2000億円になるとの試算を発表。これに対し、森永は「国の試算でも2兆円ぐらいの経済効果が出るとされているので、金額に間違いはないと思います。大阪は経済が低迷しており、今回の万博決定で喜んでいますが、そう上手くはいかないと思います。」と、必ずしも楽観的ではいられないことを指摘。その理由の1つに、カジノ誘致の件があるという。

大阪は、カジノを含む統合型リゾート施設の誘致も進めているが、今回の万博決定でカジノ誘致もほぼ決定的になったとのこと。その理由として「万博が行われるのは、大阪の負の遺産と呼ばれる夢洲。現在、夢洲へのアクセスはバスだけですが、この万博に合わせて、大坂メトロの中央線を夢洲まで延伸することがほぼ決まっています。半年間しか開催されない万博が終わると、誰も地下鉄に乗らなくなってしまう。なので、カジノを作るということが事実上、決まったんです。」と語った。その上で、森永は「ラスベガスのカジノに一回、行ったことあるんですけど、これが楽しいんです!カジノでは飲食は無料、ショーも無料、いろんなギャンブルがすごく楽しい!のめりこむタイプの僕は、案の定、1円のお金すらもなくなって、身ぐるみはがされてしまいました。つまり、大坂にカジノができると、大阪のおっちゃん、おばちゃんが毎日、地下鉄に乗って通えてしまうんです。結果、2兆円の経済効果は出ますが、大阪が破産者だらけになってしまうと考えます。」と語り、問題点を指摘した。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.