引退危機の稀勢の里に、やくみつるが言及

好角家で知られる漫画家のやくみつるが、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(11月20日放送)に出演し、九州場所を一人横綱で迎えるも、4連敗で5日目から休場を発表した横綱の稀勢の里について語った。

横綱に昇進後、11場所中、途中休場を含め9回休場している稀勢の里に「引退すべきではないか」という厳しい声もあるが、やくは「最後まで現役に固執して抗う稀勢の里の姿も、ひとつのあり様ではないかと思いますね。」と語った。その理由について、やくは稀勢の里を到達型横綱であると分析。「横綱にはいろんな種類があって、貴乃花や白鵬など横綱になってから、さらに強くなるタイプ。そして、年齢を重ねてこの大関は横綱になれないかもしれないと思いつつ、ようやく横綱に辿り着くようなタイプ。私の造語なんですが到達型横綱がいて、稀勢の里は到達型横綱なんです」とし、過去に、大関在位32場所で横綱に昇進した琴桜や、9年間大関を務めて悲願の横綱に昇進した前田山をあげてエールを送った。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.