六角精児「僕が3度離婚した理由」

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、俳優の六角精児が出演。自身の3度の離婚歴について語った。


黒木)今週のゲストは俳優の六角精児さんです。
六角さんは3回離婚したの?

六角)そうですね。3回ですが、4回目の結婚は2回目に結婚した人ともう1回結婚したから。

黒木)2回目に別れた人と4回目の結婚をしたの?

六角)そうです。

黒木)もう1回結婚するということは、そのとき別れなきゃ良かったわけですよね?

六角)いや、別れないと気付かないことがあったのではないでしょうか。恐らく。

黒木)ほお。じゃあ4回目の離婚は無いのですか?

六角)多分無いと思います。あるとしたら、大概そうですが、向こうから愛想をつかされるのだと思います。大概去って行きますね、ある日突然。

黒木)へえ(笑)。じゃあ、過去3回も去られた?

六角)そうです。

黒木)(笑)。でもモテるからすぐ結婚するのですね。

六角)寂しがりやだからだと思います。我慢が効かないというか。我慢が効いたり抑えの効く人だったら、そうそうしないと思います。

黒木)我慢が効かない?

六角)離婚は僕の方から言ったわけじゃないから、それはしょうがないですよね。でもその後で、じゃあまた結婚するとなったときに、もう少しいろいろ様子を見てからの方が良いのではないかとか、もう少し時間を置こうと思うところが無いからではないですかね。また「良いっすよ」って。溜めがないと言うか。

黒木)溜めがない(笑)。でも、ふらっと電車の旅をするみたいに、ふらっと人生気の向くまま風の吹くまま、自分の方向を見つけながら。

六角)そうですね、そのときそのとき見つけながら。

黒木)淡々と生きてらっしゃるような。しかも力強く。

六角)いや、力強いかどうか分からないですけれど、おっしゃる通りですね。何かが変わったら、そこに流されながら生きているような気がしますよ。

黒木)流されているようで流しているのではないですか? 流しそうめんだって流されるようで、実はそうめんは自分で流れているのですよ。

六角)そうか。あれは流されているのではなく、自分で流れているのですか。木の節で止まっているものもありますからね。

黒木)自分で流れているのよ。そう思ったら、気持ちが楽になりますよね。

六角)そうですね。まあ、流されているときもそんなに気持ちは楽じゃないわけでもなかったけれど(笑)。


六角精児/俳優

■1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。
■劇団善人会議(現・扉座)の旗揚げメンバー(1982年)。個性的なキャラクターで商業演劇から小劇場まで幅広く出演し、人気若手作家の舞台にも数多く出演。
■ドラマ「電車男」などで強いインパクトを残し、その後数々のドラマ・映画に出演。
2000年から続く人気ドラマ「相棒」シリーズではスピンオフ作品で初の映画主演も務めた。
■2018年11月4日~11日、紀伊国屋ホールで行われた劇団扉座『無謀漫遊記 ―助さん格さんの俺たちに明日はない―』に出演。
■プライベートでは、ギャンブルにのめり込み借金生活をしていたことや、離婚歴が3度あるが、現在は2度目の奥様と復縁し円満に暮らしている。
■熱心な「鉄道ファン」としても知られ、ご本人曰く「乗り鉄」「呑み鉄」。NHK・BSでは「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」という番組も放送。
■ほかにもアコースティック・ギターが好きで「六角精児バンド」として音楽活動も展開。
2014年にCD「石ころ人生」をリリース、ライブ活動も行っている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.