しゃベルシネマ

遠藤憲一、今度の相棒は小学生!?

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第516回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、11月16日から公開の『アウト&アウト』を掘り起こします。


元ヤクザの探偵&小学生の女の子、異色のバディ・ムービー


日本最大の暴力団・菱口組最高幹部の側近だった矢能政男は、いまではヤクザ稼業から足を洗い、訳アリで預かっている小学2年生の少女・栞とともに探偵事務所を営んでいる。そんな矢能のもとに「“取引”に立ち会ってほしい」と依頼の電話が入る。

彼が指定された場所に向かうと、依頼人はすでに拳銃で撃たれ、死体となっていた。容疑者にされかねない状況に矢能はすぐさま対処しようとするが、事態は思いがけない方向へと進んでいく…。


映画化された「藁の楯」などで知られる小説家“木内一裕”は、かつて「BE-BOP-HIGHSCHOOL」で一斉を風靡した漫画家で、映画監督としても活躍する“きうちかずひろ”だということをご存知でしょうか。一癖も二癖もある魅力的なアウトローたちが登場する痛快なエンターテインメント小説の名手である彼が、自身の小説「アウト&アウト」を監督として完全映画化。痛快な疾走感がたまらない、至極の犯罪エンターテインメントムービーが誕生しました。


主人公の矢能政男役には、映画・ドラマ・CMに引っ張りだこの遠藤憲一。最近では情けない男やコミカルなキャラクターを演じることも多いエンケンさんですが、本作では持ち味の“コワモテ”ぶりを発揮。圧倒的な存在感で元ヤクザの探偵を演じています。

そして矢能の相棒となる小学2年生の少女・栞役には、ドラマ「とと姉ちゃん」の青葉ちゃん役で全国的な人気子役となった白鳥玉季。どちらが大人でどちらが子どもか分からない、2人のやり取りは可笑しくもあり可愛らしくもあり、必見です。共演には要潤、岩井拳士朗、高畑淳子、竹中直人と個性派俳優が集結。作品をより華やかに彩っています。


大人の男たちが織りなすハードボイルドな世界観が魅力の本作ですが、それだけではなく、矢能と栞による人間ドラマも見応えたっぷり。血のつながらない少女との絆と愛情が丁寧に描かれており、思わずホロリと涙するシーンも。そして大どんでん返しが待ち受けるラストまで目が離せない1作です。


アウト&アウト
2018年11月16日(金)からTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
監督:きうちかずひろ
原作:木内一裕 「アウト&アウト」(講談社文庫刊)
脚本:ハセベバクシンオー、きうちかずひろ
出演:遠藤憲一、岩井拳士朗、白鳥玉季、小宮有紗、中西学、酒井伸泰、安藤一人、渡部龍平、渋川清彦、成瀬正孝、阿部進之介、竹中直人、高畑淳子、要潤 ほか
©2017「アウト&アウト」製作委員会
公式サイト http://out-and-out.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.