働き方改革で「おひとりさま」が注目される理由

「草野満代 夕暮れWONDER4」(11月8日放送)では、KADOKAWA・ウォーカー編集部の中村茉依が出演し、『おひとりさま専用Walker』について語った。


おでかけ情報誌「東京ウォーカー」が発売している『おひとりさま専用Walker』というムック本を企画した中村。今、売れに売れているというこの本。
「おひとりさま」にはどんな魅力があるのだろうか?

発売されて1年が経つ『おひとりさま専用Walker』。なんと、これまで、重版が3回かかり、現在は4刷り!Amazonではすぐに売り切れなんてこともあるそうだ。

そんな『おひとりさま専用Walker』の内容は、

【ひとりでしたい100のこと】
1人キャンプや、1人カラオケ、1人でも参加できるフットサル…などひとりでも遊べる遊びを紹介。
【ひとりメシ】
1人焼肉や定食屋さんなど、1人でも楽しめる飲食店。
【快眠グッズ&ブックス】
家で、より快適に過ごせるグッズなどを紹介!

「おひとりさま」という言葉は2005年の流行語。なぜ今、この本がヒットしているのだろうか?

「働き方改革などで残業がなくなり、退社時間が早まった人が多くいる。これまで趣味がなかった人などが多くいるのでは?」

と中村は分析。ちなみに、読者層は30代後半から40代の働き盛りの方が多いそうだ。

『おひとりさま専用Walker』の新刊が来月発売となる。これがあれば、クリスマスもお正月も「ひとり」で楽しめるかもしれない。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。

タイムフリー

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.