スポーツの秋に怪我予防!オススメのストレッチ3選!

ニッポン放送のラジオ番組「垣花正 あなたとハッピー!」(11月5日放送)にて、「マッチョ渡辺のハッピーストレッチ!」と題して、誰でも簡単にできるストレッチが紹介された。

44歳からボディビルを始め、今年の東京大会では、マスターズ40才以上級で4位の成績を残しているニッポン放送ニュースデスクの渡辺一宏が、ストレッチの方法をスタジオで指導。

まず最初に紹介したのは、「ヒップとハムストリングのストレッチ」
お尻、ハムストリング=太もも裏を動かすことで、肉離れなどの防止に繋がるという。
(1)肩の力を抜き、背筋を伸ばして立ち、足は肩幅程度に開く。
(2)お尻の高さを変えないまま前屈。膝を曲げないように行う。
(3)手をできるだけ床に近づけて、戻す。
これをリズミカルに行うストレッチで、「曲げる!戻す!曲げる!戻す!」を10~20回程度行う。太ももの裏が伸びている事を意識するのがポイントであるという。

続いて紹介したのは、「股関節のストレッチ」
股関節を痛めないための動的ストレッチであるという。
(1)まずは、真っ直ぐ立つ。
(2)片足を真っ直ぐ持ち上げる。膝が90度に曲がっている状態。
(3)この足を横に開く。90度開いたら下ろす。
これをリズミカルに行うストレッチで、「上げて、回して、下ろす、上げて、回して、下ろす!」を左右10回程度行う。どうしてもふらつく人は、壁やイスにつかまってバランスを保ちながら行う。

最後に紹介したのは、「肩甲骨のストレッチ」
肩甲骨は、どのスポーツをするにも重要。ドジャースの前田健太投手も試合前にやっているストレッチで、肩の張りや肩こりに悩む人にもオススメであるという。
(1)まずは真っ直ぐ立つ。左肩に左手、右肩に右手をのせる。
(2)そのまま肘を大きく回すようにして腕を回していく。
前に10回、後ろに10回行う。真横でくるくる回しても、前後に大きく回しても効果は変わらないという。ポイントは、肘をまわすときに背中にある肩甲骨をしっかり動かすイメージを持つこと。

スポーツの秋、運動に取り組む前に一度試してみてはいかがだろうか。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.