全世界に知ってほしい。パキスタン人は芸術家で、テロリストではないということを。『ソング・オブ・ラホール』 しゃベルシネマ【第54回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回の「しゃベルシネマ」のテーマは、ジャズ。
…と言っても、コラボレーションするのはパキスタンの伝統音楽。
世界が大絶賛した珠玉の音楽ドキュメンタリー『ソング・オブ・ラホール』を掘り起こします。

パキスタン伝統音楽×ニューヨーク・ジャズ。異色のコラボレーションが起こした奇跡とは…。

01(w680)

パキスタン・イスラム共和国の街、ラホール。
かつては芸術の都だったが1970年代後半のイスラーム化の波、さらに1990年代に台頭してきたタリバンによる歌舞音曲の破壊の影響を受け、音楽文化は衰退の一途をたどり、音楽家たちは転職を余儀なくされた。

世間から忘れ去られた熟練音楽家たちは、自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、畑違いのジャズに挑戦。
彼らが伝統楽器を用いてカバーし、YouTubeにアップした「デイヴ・ ブルーベック・カルテット」の名曲「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像は、またたく間に世界を駆け巡り、100万を超えるアクセスを記録。

さらに天才トランペット奏者、ウィントン・マルサリスの目に留まった彼らは、ニューヨークに招待される。
マルサリス率いるビッグバンドと共演することになるが、リハーサルでうまく噛み合ず、本場ニューヨークの洗礼を受けることになる…。

02(w680)

故郷ラホールから、ニューヨークへ。
自国で居場所を失った「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」が世界中を魅了するまでの紆余曲折を描いたドキュメンタリー映画が、『ソング・オブ・ラホール』です。

パキスタン伝統楽器を巧みに操るベテラン音楽家たちは、究極の職人集団。
彼らの演奏する姿からは伝統音楽を誰よりも愛し、誇りを持ち、そして体全体で音楽を楽しんでいることが伝わってきます。
昔気質で職人肌のおじさんたちが、異なったフィールドでのコラボレーションに戸惑いながらも、それでも職人魂で困難を乗り越えていく。
その真剣な姿には愛しささえ覚えます。

03(w680)

メガホンを取ったのは、今年二度目となるアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したパキスタン人女性のシャルミーン・ウベード=チナーイと、本作が初監督作となるアンディ・ ショーケン。
音楽への愛にあふれた彼らの新たな挑戦がスクリーンいっぱいに映し出されます。

サッチャル・ジャズ・アンサンブル初来日公演を応援しよう!

04(w680)

本作はクラウド・ファンディングで、サッチャル・ジャズ・アンサンブルの初来日公演を応援しています。
サッチャル・ジャズ・アンサンブルは7月にニューアルバム日本盤を発売、そして9月に初来日無料公演が決定。

クラウド・ファウンディングとは、不特定多数の人がインターネット経由で財源の提供や協力などを行うこと。
このファウンディグシステムを利用して、これまでにも数多くの映画製作者が映画を制作。
中にはカンヌ国際映画祭に選出された作品も誕生しており、新たな映画文化の浸透方法として注目されています。

05(w680)

現在、クラウドファンディングのプラットフォーム「MotionGallery」で来日費用の支援金を募集中。
無料公演とは別に、支援者限定のプライベートコンサートに参加出来るチャンスも…。
詳しくは、コチラ。↓↓
パキスタン伝統音楽×ジャズ!? サッチャル・ジャズ・アンサンブルの初来日公演にご支援を!

音楽の興奮と希望に満ちたドキュメンタリー映画『ソング・オブ・ラホール』は、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開中です。

06(w680)

2016年8月13日から渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
(8月27日から角川シネマ有楽町でも公開決定)
監督・製作:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
出演・音楽:サッチャル・ジャズ・アンサンブル、ジャズ・アット・リンカーンセンターwithウィントン・マルサリス ほか
©2015 Ravi Films, LLC
公式サイト http://senlis.co.jp/song-of-lahore/

八雲さんキャプション