関西生コン事件~逮捕されたのは立憲民主党・辻元清美議員と親密な人物

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月5日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。関東では報じられない関西生コン事件について解説した。

辻元清美 生コン事件 関西 武建一 逮捕 警察 組織犯罪対策課 組対課 暴力団

関西地区生コン支部家宅捜査 家宅捜索が行われる全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部=2018年8月28日午前、大阪市西区 写真提供:産経新聞社

関西生コン事件とは

この夏、滋賀県内の倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、関西の生コン業界のドンが逮捕されたが、これに凍り付いたのが野党議員たち。実はこのドンがさまざまな議員たちを支援していたということで、あまり報じられていなかった理由も含め、須田慎一郎が解説する。

飯田)先週リスナーの方からメールが来ました。「関西生コンについて関東ではぜんぜん話題になっていません。解説をお願いします」と。エンディングで予告した後に心配するTwitterも来ていて、きょうも「これを特集して番組が何もなければいいけど」とあります。

須田)この話題、関東でメガメディアはまったく報じていません。関西でもほとんど報じられていません。フジテレビ系列の関西テレビは腹が据わっていて、しっかり報道しました。NHKはサラッと流し、他のメディアにいたってはまったく触れていません。

辻元清美 生コン事件 関西 武建一 逮捕 警察 組織犯罪対策課 組対課 暴力団

滋賀県警察本部庁舎(滋賀県警察 – Wikipediaより)

本来なら暴力団を取り締まる組対課が動く

須田)これはけっこう大きな問題です。そもそも8月28日に滋賀県警の、普通なら暴力団を取り締まる組織犯罪対策課がこの事件を取り扱ったのが大きなポイントです。
滋賀県下で倉庫工事をやっていて、そこに生コンクリートを納入していた商社に「ウチから買え!」と圧力をかけた、ということで威力業務妨害で逮捕されたのです。しかし、これだけでなく、その後は大阪府警警備部(公安)が逮捕に至った。これ以外にも、京都府警も家宅捜査などの強制捜査に乗り出していて、奈良県警も同様です。近畿2府4県内の、兵庫と和歌山を除く4府県がすでに動いているのです。
問題となった組織の正式名称は「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」です。2つポイントがあって、1つは「労働者の産業別組合」です。もう1つは、これ以外に「協同組合」を組織していること。生コン業者というのは中小業者で、コンクリートメーカーからコンクリを買い、それを生コンクリートにして水を加え、攪拌して、砂を加えて使える状態にする。そしてミキサー車に乗せて、各工事現場へ運んで行く。それを作っている中小業者の組合を組織して、統括していたのが今回逮捕された、生コン業界のドンと呼ばれる武建一被告です。

辻元清美 生コン事件 関西 武建一 逮捕 警察 組織犯罪対策課 組対課 暴力団
労働争議は刑法と民法が適用されないためこれまで逮捕できなかった

須田)組合員は労働争議を起こすのです。そこへ行って団体交渉を要求して、出て行こうとしているコンクリートミキサー車を実力で止める。これは意外に知られていないのですが、生コンの寿命は90分で、すごく短いのです。だから、現場近くに作る工場がないと間に合わず、中小業者が多い。それを妨害されると会社としては困ってしまうのです。

飯田)ミキサー車がグルグル回っている内部で固まってしまうのですね。

須田)だから、何らかの解決金を払い、争議を解決するのです。これは現在の日本の法律がおかしいのですが、労働争議となると刑法と民法が及ばないのですよ。そこで仮に暴力事件があったとしても、「組合活動だから」という大義名分で、刑事事件としてほとんど立件されない。
今回逮捕に漕ぎ着けた最大の理由は、「組合員がいないから」です。大阪では特に典型例で、「組合員がいないにも関わらず搬出妨害していた」ということで逮捕になりました。

飯田)組合員のいない会社に行ったのですか?

須田)行って、「ウチから生コンを買え!」とね。

飯田)そうなると、争議以前の問題になるわけですね。

須田)あるいは「協同組合に入れ!」とかね。協同組合に入ると、生コンを業者が売るたびに1立方メートルにつき、数百円の上納金を払わなければいけないのです。
だから、言ってみれば労働組合とは名乗っていますが、実態上は暴力団組織と変わりません。だから組対課が動いたのですよ。

辻元清美 生コン事件 関西 武建一 逮捕 警察 組織犯罪対策課 組対課 暴力団

2013年7月20日(辻元清美 – Wikipediaより)

逮捕された武健一~辻元清美議員と親しい仲

須田)実は2つ大きな問題があります。1つは、このような法を逸脱した暴力団紛いの労働組合から、非常に親密な関係を結んで政治献金を受け取っていた国会議員がいることです。その最右翼にいるとされているのが立憲民主党の辻元清美さんです。彼女は確認できた段階でも昨年の旗開き、つまり新年の仕事始めに行き、満面の笑みで挨拶して、捕まった武建一被告については「大阪のお父ちゃん」と呼んでいる、親しい状況です。それが1点目。
もう1つは、暴力団とのつながりです。

飯田)暴力団ともつながりが?

須田)いや、かなり疑われてはいるのですが、先述した労働組合運動活動をしてお金を集めた資金がどこに使われたかについて、決算報告書がまったく支離滅裂で、監査不能に陥っています。公認会計士を入れて監査していますが、監査不能とか、そういう結論しか出ていない。だから国税がこの辺にはちゃんとメスを入れないとダメだと思います。「その辺の金が暴力団に動いているのでは?」という疑惑がある以上、キチンと決算・監査をやるべきです。場合によっては政界にも流れている可能性があります。

飯田)「いま表に出ていない金」だけでも疑われる部分がありますが、監査できないとはすごいですね。

須田)警察のやるべき役割は、徹底的な資金使途を、きちんと行うことだと思います。恐らく、今後は京都府警や奈良県警も事件化しますからね。ただ、いろいろと野党の国会議員も動いています。私の聞いたところでは、自民党の警察に顔が効く国会議員に頭を下げているとも聞いています。そういう政治取引はせずに、キチンと事件化すべきことは事件化すべきだと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.