人とはさみしい生きもの 【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】 第7回

jakucho_7_0075

人は孤独だから互いに手をつなぎ、肌と肌であたためあおうとします。

心と心で語りあいたいと思い、相手をほしがるのです。

自分の孤独をわかってくれる相手がほしい、そしてその孤独を分かちあってほしいのです。

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴プロフィール

撮影:斉藤ユーリ


出典:『生きる言葉 あなたへ』光文社文庫