しゃベルシネマ

20年間ゴッホを描き続けている男は、職人か芸術家か。

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第501回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、10月20日に公開された『世界で一番ゴッホを描いた男』を掘り起こします。


ゴッホに魅せられ、ゴッホに命を捧げた男のドキュメンタリー


芸術の秋ですが、今回は本物のアート作品ではなく、ニセモノのお話です。皆さん、偽物は偽物でも、レプリカと贋作の違いをご存知ですか? いちばんの違いは、悪意があるかないかということ。本物だと偽り、売りつけようものなら、これは贋作。れっきとした詐欺罪です。

一方、レプリカとは、悪意を伴わない複製品のこと。レプリカでも良心的なものには、それがレプリカだと分かる印が付けられていたりもします。例えばポストカードのように“これはレプリカです”という前提のもとに販売するアイテムについては、罪を問われることはありません。


そんなレプリカ(複製画)の世界を探求できる、異色のドキュメンタリー映画が日本で公開となりました。

『世界で一番ゴッホを描いた男』の舞台は、中国・深圳市にある大芬(ダーフェン)。世界最大の油絵村として知られ、最近では観光地としても有名なこの街には、約1万人の画工がいると言われています。ここでは世界の有名画家の複製画制作が産業として根付いており、世界市場で流通する複製画の約6割近くが生産されているとのこと。この極めてユニークで特異な地で複製画家として生きる人物を、本作ではクローズアップしています。


その男の名は、チャオ・シャオヨン。出稼ぎでダーフェンにやって来た彼は、独学で油絵を学び、フィンセント・ファン・ゴッホの複製画を20年間描き続けている人物です。ゴッホと言えば、自分の命を削りながら一筆、一筆をキャンパスにぶつけ、芸術に人生を捧げた孤高の画家。そんなゴッホの魂をも再現しようと丹念に描き続ける彼は、驚くべきことに、1度もゴッホの真作を見たことがありません。


これは、ゴッホの複製画を描き続けてきた男が、本物のゴッホを見るためにオランダへと旅する物語。自分が丹精込めて描いている複製画の知られざる真実、本物を見た衝撃。絵を描くことの喜びや苦悩が生々しく浮き彫りになると同時に、チャオ・シャオヨンとゴッホの人生が重なって見えてきます。

20年もの長きにわたってゴッホの複製画を描き続けている彼は、職人か芸術家か。この秋、考えてみませんか?


世界で一番ゴッホを描いた男
2018年10月20日から新宿シネマカリテ、伏見ミリオン座ほか全国順次公開
監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
出演:趙小勇(チャオ・シャオヨン)
©Century Image Media (China)
公式サイト http://chinas-van-goghs-movie.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.