広島の底力を思い知らせされた巨人

「ショウアップナイタースペシャル セ・リーグクライマックスシリーズ ファイナルステージ第2戦 広島×巨人」(10月18日放送)の試合内容を紹介する。


広島・ジョンソン、巨人・田口の投手戦は終盤へ。
6回表に先制した巨人は、虎の子の1点を守り切るため、7回裏から畠をマウンドへ投入!
8回裏もあっさり、ツーアウトを取ったものの・・・
フォアボールを出して、ランナー2塁に進められると、バッターはピンチヒッター、引退宣言の広島・新井。
なんと、新井のツーベースで同点に追い付かれる。
再び、フォアボールを出して、ランナー2人を置くと、迎えるバッターは菊池。
菊池のスリーランは、巨人ファンの思いを砕く一発・・・
結局、広島が4対1で勝利し、
2年ぶりの日本シリーズ進出へ王手をかけた!

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.