鶴瓶 DJの神様・小林克也から褒められて気合を入れすぎる

「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(10月14日放送)では、番組中にオンエアする曲に関するエピソードを紹介した。


相手役の上柳昌彦アナウンサーの喉の調子が悪く、かすれた声になっていた。鶴瓶もまた“だみ声”と呼ばれるような特徴的な声をしているが、お互いに「かすれた声は色気があって良い」と好評だと自称している。

そこから発展して、かすれ声の歌手の歌声は色っぽくて好きだという話になり、急遽、番組内でお送りする楽曲を変更。鶴瓶イチオシの選曲、葛城ユキ「木曽は山の中」をお届けした。

しかし、流れてきたのは鶴瓶さんの予想に反して、綺麗で伸びやかな葛城ユキの歌声。鶴瓶の前フリが全て空回りしてしまう結果に。葛城ユキの「ボヘミアン」のイメージが先行しすぎていたためと思われる。その後いろいろな歌手で選曲するも、なかなかイメージ通りの“かすれ声”に出会えない鶴瓶。しまいにはSiriに尋ねる場面も。

実は先日、DJの神様ともいわれる小林克也から「この番組(日曜日のそれ)は良い曲がかかるね」と言葉をもらったという鶴瓶。その直後で気合が入りすぎてしまったのか。放送中は、聴いているかもしれない小林に向かって言い訳のようなものをする場面が何度もみられた。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.