しゃベルシネマ

3億円が手に入ったら、何に使う?!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第498回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、10月19日から公開の『億男』を掘り起こします。


お金と幸せの関係性を探る、新感覚のお金エンターテインメント


兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、夜もパン工場で働きながら借金を返済している図書館司書の一男。借金苦の日常に愛想を尽かした妻は、娘を連れて家を出てしまうという不幸続きな人生を送っていた。

そんなある日、当選金額3億円の宝くじに当選するという幸運が一男に舞い込んだ。これで借金を返済して、家族の絆も修復出来るはず。ところがネットを見ると、宝くじの高額当選者は悲惨な人生を送っているという記事ばかり。不安になった一男は、企業して億万長者となった大学時代の親友・九十九にアドバイスを求めることにしたが、一男が酔いつぶれている間に、九十九は3億円とともに姿を消してしまい…。


映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を大友啓史監督により映画化した『億男』。私たちの生活のなかで切っても切れない存在“お金”をテーマに、幸せ、家族、友情のあり方に迫る、まったく新しい“お金エンターテインメント”が誕生しました。


主人公の一男を演じるのは、佐藤健。アクションからラブストーリーまでさまざまな役どころにチャレンジし続ける彼が、“お金”に翻弄される不運な男をイケメンオーラを封印して好演しています。一方、一男の親友・九十九役には作品ごとに様々な表情を見せる高橋一生。初共演となる2人がどんなコラボレーションを見せてくれるかは、ファンならずとも気になるところ。

また一男が出会う“お金のスペシャリスト”たちを演じるのは、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也といった豪華な面々。主演クラスの俳優たちがクセのあるキャラクターを嬉々として演じている姿にも注目です。


お金と幸せという哲学的なテーマが見え隠れする本作。これを観ると、あなたのお金についての価値観も変わってしまう、かも。


億男
2018年10月19日から全国東宝系にて公開
原作:川村元気「億男」(文春文庫刊)
監督:大友啓史
脚本:渡部辰城 大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY’S FACTORY)
出演:佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也 ほか
©2018映画「億男」製作委員会
公式サイト http://okuotoko-movie.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.