産休でブランクが2年。人間関係の変化や時短勤務への不安…どうする?

タグ

「上原隆 はたらくラジオ」(10月8日放送)にて、上原隆が産休からの復帰に悩む女性の仕事に関する相談に応えた。


産休でブランクが2年。人間関係も変わっているし、職場復帰が不安です

上原)まず最初に、横浜市のパープルさん、34歳女性の方です。

「私は現在1歳7か月の息子がおり、産休中です。待機児童問題でなかなか保育園がなく頭を抱えていたのですが、空きが出たため子供を預けられることになりました。契約社員の私は産休が取れるのが2年間だけだったので、ぎりぎり職場復帰に間に合ったのですが、およそ2年というブランクがあるため、仕事について行けるか不安です。仲の良い同僚に聞くと、2年で職場の人間関係も変わって来ていると言います。育休の間、社会復帰のためにしておくべきことはありますか? 仕事は保険関係です」

上原)この問題は大きく分けて2つの軸があるのではないかと思います。1つは会社の関係、もう1つは自分の家庭の関係という、この2軸で考えて行きたいと思います。

まず仕事の方ですが、2年間のブランクということで、きっと不安だと思いますし、ビジネス・保険業界もスピードが速いですから、いろいろな環境の変化が起きているのではないかと思います。可能かどうか分かりませんが、上司の方とお会いできないでしょうか? 復帰前に上司の方とランチに行くとか、短い時間MTG(打ち合わせ)を取ってもらって、今の不安や準備しておくことなど、この番組にご相談いただいたように、直接相談してみるのも有効かなと思います。

会社に復帰したときのことを考えると、時短勤務になるかと思いますが、おそらく大変だと思います。いろいろ気を使ったり…。
今回、36歳のきよみさんという方からも、このようなメッセージをいただいています。

「勤務を短くしてもらっているとはいえ、仕事帰りに保育園に迎えに行き、食事を作って、翌朝また保育園に子供を預けてまた会社へ、と… とてもじゃないが、私1人ではできない、たいへんです

上原)もう1つ、それ以上に大事なのが、家庭で出来る対策を練るということだと思います。これは先輩ママさんたちも様々な手段をもっていらっしゃると思いますが、おそらく突発的なお子さんの発熱や、保育園からの呼び出しが来るとか、容易に想像ができますので…。
どういうリソースを使えるのか徹底的に調べて、準備しておくことが大事だと思います。こういった不安な点を復帰前に全部書き出して、対策を練っておくことが必要ですね。

上原隆から一言アドバイス:
「リアルな体験談に勝るものなし!」

「女性のはたらく」「若手のはたらく」、生の声をメール、ツイッタ―でお待ちしています!
この番組ではラジオをお聞きの「あなた」から、はたらくに関するお悩みや相談をお待ちしております。特に、僕がいまいちばん熱をもっているのが、「1人ひとりの」働き方改革。産休や育休で働きながら育児をしていらっしゃる方、(主婦の方で)会社から離れているけれど、今後自分のキャリアはどうしたらいいのだろう? など。上司の方々と世代間のギャップに悩んでいる新入社員の方や、逆にその上司の立場の方々。生のリアルな声を届けていただけたらと思います。

メールはこちら:uehara@1242.com
(匿名・ラジオネームでOK、お電話が可能な方はお電話番号もお願いいたします)

Twitterを始めました!
番組の感想はハッシュタグ #はたらくラジオ を付けてツイートしてください!
https://twitter.com/hataraku_radio

▼Youtubeでもご視聴いただけます

上原隆 はたらくラジオ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 20:00-20:20

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.