「ズッキーニ」を使った料理といえば!? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

今週は『ズッキーニ』のお話をしていますが、今朝は“ズッキーニを使った、代表的なお料理”をご紹介します。

それは『ラタトゥイユ』です。
イタリアンのお店で見かけることがありますので、イタリア料理かな?と思うかも知れませんが、南フランスの家庭料理で、お野菜の煮込み料理です。

56ab0a0b7ee96cd4620c2a08561ce9f3_s(w680)

どんなお料理なのか?簡単にご説明しますと、ズッキーニやピーマン、おナスなど、いくつものお野菜を順にオリーブオイルで炒めます。
昨日ご紹介したように、ズッキーニは油との相性が抜群で、それによってβ-カロテンの吸収率がアップします。
ピーマンやおナス以外に、ニンジンやアスパラガス、お豆を入れても美味しいです。

そうやった炒めたものに、トマトやニンニクを加えて煮ていきます。
お水を使わずに、お野菜の水分だけで蒸し煮にすることで、素材の甘味がしっかりと凝縮されます。
一度炒めて油を吸わせることで、β-カロテンの吸収率がアップします。

出来立てのアツアツも美味しいですが、冷やすとさらに美味しくなります。
多めに作って、冷蔵庫でキープされる方もたくさんいらっしゃるそうです。
そのまま頂いてもモチロンですが、パンに乗せてもパスタと絡めても美味しいですし、ご飯にも合います。
その他、お肉料理の付け合わせとしても便利です。
色がキレイですから、どんなお料理でも見栄えがしますよネ。

この『ラタトゥイユ』と似ているイタリア料理に『カポナータ』というのがあるそうです。
材料もほとんど同じで、どちらもトマトで煮込みます。
こう聴くと同じと思われるかも知れませんが、『ラタトゥイユ』の主役はズッキーニです。
それに対して『カポナータ』の主役は、おナスです。
油で揚げたおナスを、ワインビネガーとお砂糖で味付けしますので、味は甘酢漬けのような感じだそうです。
『ラタトゥイユ』は、ワインビネガーとお砂糖も使いません。

(2016/8/10放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。