初心者でも失敗しないキャンプ場の選び方

タグ

女子キャンプの第一人者であるこいしゆうかが、黒木瞳がパーソナリティの番組「あさナビ」(ニッポン放送)に出演。初心者でもキャンプを楽しめる方法について語った。


黒木)今週のゲストは女子キャンプの第一人者で、イラストレーターで、アウトドアコーディネーターの、こいしゆうかさんです。
きょうは私のような初心者でも楽しめる方法を教えて頂きたいのですけれども。きょうお持ちになったのが、キャンプに持って行く道具ですね。まずこれは、椅子ですか?

こいし)椅子です。持ってもらっていいですか?

黒木)あっ、なにこれ、軽い!

こいし)椅子はここ数年で革命が起きたのですよ。昔は1キロ以上でした。これは若干重いのですけれど、ウッドテーブルも最近の流行りで。

黒木)これは木だから、やはり重量はありますね。

こいし)でも、テーブルが可愛いだけで、キャンプサイトが可愛くなります。小さくてもテーブルがあると良いです。人間らしくなりますね。もっと軽くて大きいやつもあります。

黒木)いろいろと棒が出てきました。

こいし)これが、ポール部分ですね。テーブルの脚の部分になります。黒木さんがクルクルっと出したのが、テーブルの天板になります。布でできています。

黒木)急いでやったら、1分かからないですね。

こいし)けっこう大きいのですよ。ここが全部埋まってしまうくらいに大きいので。それなのに軽いです。

黒木)そんなに大きいのに、このバッグのなかに入ってしまうのですね。それは凄い。テーブルがあっという間に完成されました。布ですが、しっかりしていますね。

こいし)ピンと張っていて、飲み物を置くことができるようにホールがあって、2人分くらいはあります。これと併せても2キロくらいなので、軽いです。これにテントが2キロで4キロになって、寝袋、マット、ライトでキャンプができます。

黒木)初心者でもこれだけあればできちゃうということなのですが、これはどういったところで揃えるのですか?

こいし)キャンプ用品のお店です。お台場にあるワイルドワン(WILD-1)や神保町のエルブレス(L-Breath)といったアウトドアショップにあります。

黒木)こいしさんがお作りになったパンダテントは買えるのですか?

こいし)これもワイルドワンで買えます。ワイルドワンさんのオリジナルブランドとコラボしたので、全国展開しているものです。

黒木)真っ赤なパンダテントということですけれども。キャンプ場を選ぶにはどのようにしたらいいでしょうか?

こいし)女性の初心者だったら、水場が綺麗だと喜ばれます。その情報を口コミサイトなどで検索します。不安なところは、直接お電話すると教えてくれます。未だに水洗式じゃないところもあるのですよ。水洗式を選んだ方が良いですね。電車を降りてから、あるいはバスを降りてから近い場所で、1~2時間で行ける距離だと疲れませんね。


こいしゆうか/イラストレーター・アウトドアコーディネーター

大学卒業後、イラストの勉強をしながら 梱包資材業界でOLを経験。
退職後、イラストレーターとして活動しつつ、趣味であったアウトドアを生かし、女性視点のキャンプスタイル「女子キャンプ」を提唱。
イラストや漫画、文章などで女子キャンプのやり方や魅力を発信したり、雑誌やテレビで女子キャンプをテーマにした企画をコーディネートしたり、イベントでのトークショーや講習会の講師を務めるなど多方面で活躍。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.