朝活には海外ドラマ鑑賞がトレンド!?「サンズ・オブ・アナーキー」「X-ファイル2016」 しゃベルシネマ【第50回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

早起きしてできた時間を有効活用する、朝活。
各メディアでも取り上げられて、話題となってますよね。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、朝活にピッタリ!?
自宅で楽しめる海外ドラマシリーズ2作品を掘り起こします。

世界中で一大ムーブメントを巻き起こした最強クライム・アクション「サンズ・オブ・アナーキー」

01(w680)

暴力に支配された無秩序な街カリフォルニア州チャーミング。
この街には「SOA【サンズ・オブ・アナーキー】」というバイククラブがいた。
表向きはバイク整備工場を営んでいたが、彼らの裏の顔は武器売買を行って資金を得るギャングチームだった。

SOAはならずものだが、地元と家族を愛し、街を脅かす者を暴力で制しながらも街の秩序を守る集団。
住民からは恐れられながらも、ヒーロー視されている存在だった。

そんな彼らからこの街を奪おうと敵対するのが、ギャングやダーティーな警察の捜査組織。
ヤバすぎる悪党どもを相手に、この街と絆を守るワルたちの戦いが始まる…。

02(w680)

2008年に全米で放映されるやいなや瞬く間に支持を集め、シーズン7まで製作されるほどの人気を博したドラマシリーズ「サンズ・オブ・アナーキー」。
圧倒的バイオレンスと、シビれるほどの男臭さ。
そして悪をもって悪を制す、アンチーヒーローたちの格好良さ。
日本では“草食系男子”という言葉が流行っている昨今、その真逆をいく男気あふれるテイストは、まさに男女問わず憧れる“男性の理想像”が詰まってます!

海外ドラマシリーズを観るとき「きっとこの人が犯人だぞ」とか「あの人は途中で死んでしまうんじゃないか」とか、予測を立てながらストーリーを追いかけるのも醍醐味のひとつなのですが、この「SOA」はストーリーが斬新すぎて予測不可能。

シーズンを重ねる毎に敵はどんどん強力になるは、街を守るためとは言え「SOA」の悪事はエスカレートするはで、一話でも見逃したらもう付いていけなくなるほどの展開なんです。
そんなヤンキーイズム全開の本作のDVD発売記念イベントに登場したのは…。

03(w680)

我らが兄貴、哀川翔さん!
ドラマの舞台がバイク整備工場というコトで、都内のハーレーダビッドソン専門店でのイベントに、ライダースーツ風の衣装でワイルドに登場。

「24 TWENTY FOUR」「プリズン・ブレイク」などの人気シリーズを抜き、20世紀FOX制作のドラマとしては歴代最高のDVD売り上げを記録している本作について「男同士の絆だけではなく、その周りにいる仲間や家族たちとの絆も深い。登場人物ひとりひとりのバッグボーンもしっかりと描かれているから、人間ドラマとしても面白いね!」と、興奮気味に語って下さいました。

04(w680)

そして本作の魅力を語るにあたって忘れちゃならないのが、ハーレーダビッドソンの存在。
「何十台も連なって敵に攻め込むシーンはカッコよかったね。ハーレーは、とにかく個性的。昔(のハーレー)は“遅い” “曲がらない” “止まらない”って感じで大変だったけど、今のハーレーは乗りやすい。パーツが多いのもいいよね」と、さすがバイク好きの哀川さんならではのコメント。

イベントスタートまでの時間は、ショップの方とハーレー談義で盛り上がっていた哀川さん。
店内に展示されているバイクにまたがったりと、合間の時間も楽しんでらっしゃいました。

05(w680)

哀川さんと言えば、最近では早起きキャラでも有名。
この日も朝4時に起きて「サンズ・オブ・アナーキー」をご覧になったとのコト。
「朝は最高だよ。周囲が静かだから、ストーリーがしっかり頭に入ってくる。DVDを観るなら朝に限る!」とは、哀川翔流朝活のススメ!

哀川翔さんがゲストだったから言うわけではありませんが、私はこの「サンズ・オブ・アナーキー」を観た時、日本で言うところのVシネマシリーズと似てるなと思いました。

男の生きざまのアツさやカッコ良さをあらゆる方向から追求した作品なので、哀川さんが「Vシネマの帝王」と呼ばれていた頃に出演してらした作品群がお好きな方にとっては、ハマる要素が盛り沢山ですよ。

かつて、伝説の超常現象サスペンスにハマっていたあなたに…。「X-ファイル2016」

06(w680)

世界中にオカルトブームを巻き起こし、現在に続く日本での海外ドラマの隆盛に寄与した「X-ファイル」シリーズ。
1993年~2002年に制作され、超常現象の調査にあたるFBI捜査官のモルダーとスカリーの奮闘を描くSFドラマ。
当時、テレビで、ビデオやDVDで、夢中でご覧になった方も多いのではないでしょうか。

モルダーとスカリーを演じるのはもちろん、デイヴィット・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソン。
さらに旧シリーズでおなじみの主要キャスト、スキナー、スモーキングマン、ローン・ガンメンらも登場する予定。

モルダーとスカリーが外国人拉致被害事件の容疑者を追うところから始まる新シリーズは、陰謀、未確認飛行物体、念動力、拉致、異星人、オカルト、未確認生物、都市伝説、超自然現象、神話…といった人気のテーマをギュッと濃縮。

07(w680)

今回のDVD&ブルーレイ化では、「X-ファイル」シリーズのテレビ放映時に声優を務めた風間杜夫さん(モルダー)と戸田恵子さん(スカリー)のコンビも、13年ぶりに復活。

写真はそのアフレコ会見の様子。
お二人とも、モルダー&スカリーとの再会に感慨深い様子でした。

08(w680)

改めて「X-ファイル」シリーズに触れてみて思うのは、やっぱり面白い!
観るまでは「以前のシリーズの内容は覚えてないなぁ~」と若干弱気だった私ですが、全然問題なし!
ストーリーは、完全オリジナルの6話で構成。
…というコトは、このお盆休み期間にイッキミ達成も夢ではない!?

「サンズ・オブ・アナーキー」「X-ファイル2016」ともに、現在DVDレンタル&デジタル配信中です。

09(w680)

©2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

サンズ・オブ・アナーキー
シーズン1:2016年8月3日からDVDレンタル&デジタル配信スタート
シーズン2:同日レンタル&デジタル配信スタート
以降、シーズン7まで毎月リリース決定
製作総指揮:カート・サッター
キャスト:ジャックス…チャーリー・ハナム(森川智之)、クレイ…ロン・パールマン(屋良有作)、ジェマ…ケイティ・セイガル(五十嵐 麗)ほか
©2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
公式サイト http://video.foxjapan.com/tv/sons-of-anarchy/

10(w680)

©2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights

X-ファイル2016
DVDレンタル&デジタル配信中
製作総指揮:クリス・カーター
キャスト:フォックス・モルダー…デイビッド・ドゥカブニー(小杉十郎太/風間杜夫)、ダナ・スカリー…ジリアン・アンダーソン(相沢恵子/戸田恵子)、ウォルター・スキナー…ミッチ・ピレッジ(島香 裕) ほか
©2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights
公式サイト http://video.foxjapan.com/x-files/2016/

八雲さんキャプション