ハロー千葉

もともとは「カブ」だったジャック・オー・ランタンの不気味な伝承

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて耳より情報を紹介する。今回は、成田ゆめ牧場から「ハロウィン仮装入場割引~みんなでかぼっちゃお~」の話題だ。

20世紀初頭にカブで作られた伝統的なジャック・オー・ランタン(ジャック・オー・ランタン – Wikipediaより)

10月になるにつれ、賑やかになっていくのが「ハロウィン」周辺のイベント。
もともとの起源は古代ケルト人のお祭りで、1年の終わりと定められていた10月31日に、収穫祭および死者の祭りとして、悪霊を追い払うような意味合いの行事だったそうです。

現在は魔女やお化けの仮装をしたり、かぼちゃのランプを持ってお菓子をもらったりと、本来のハロウィンからはだいぶ離れてしまいましたが、みんなで楽しめる恒例のイベントですよね。

ハロウィンに欠かせないのが「ジャック・オー・ランタン」。かぼちゃをくり抜き、なかに火を灯してランプのように使います。
いまでこそジャック・オー・ランタンと言えばかぼちゃですが、もともと古代ケルトで使われていたのは「カブ」でした。

ジャック・オー・ランタンには、少し不気味な伝承があります。
かつて、ジャックという名のたちの悪い男が、ハロウィンの夜に酒を飲んで酔っ払ってしまい、地獄から出てきた悪魔とはち合わせます。悪魔はジャックの魂を奪おうとしますが、ジャックは口八丁手八丁で悪魔を騙し、逆に「今後ジャックの魂は取らない」と約束させるのでした。

そうしてジャックは寿命を迎え、この世を去るときが来ます。しかし生前の行いが悪いジャックは天国には行けません。そのため地獄へ向かったところ、例の悪魔が現れます。「ジャックの魂は取らない」と約束させられた悪魔は、地獄にジャックを迎えることができません。

結局、どこへも行けなくなってしまったジャックは、悪魔に分けてもらった地獄の火を、萎びたカブをくり抜いたものに灯しました。
これが、ジャック・オー・ランタンの起源とされています。

ではなぜ「かぼちゃ」になったかと言えば、ハロウィンがアメリカに伝わった際、移住していたアイルランド人が生産の多かったかぼちゃを代用したという、単純な理由だったそうです。
しかし、スコットランドなどでは現在もカブをくり抜いたものでランタンを作っていると言います。

現在のジャック・オー・ランタンは可愛らしくコミカルな表情ですが、原点となっているカブのランタンは、不気味なものが多いです。
しかしジャックの伝承を思うと、どこへも行けずさまよう様相に、まさにぴったりですよね。


成田ゆめ牧場の入場窓口が、毎日大量のおばけたちに襲撃され、スタッフ一同嬉しい悲鳴を上げています!

今月の成田ゆめ牧場は、「ハロウィン仮装入場割引~みんなでかぼっちゃお~」を実施中。
「帽子」「服」「アクセサリーなど小物」の3点仮装か、全身仮装で来場すると、なんと入場料が半額になっちゃいます。

人間よりも魔女やおばけたちが優遇されるハロウィン月間!
土日祝日にはヤギさんもキュートな魔女に変身して皆さんと記念撮影!

さらに、10月13日(土)、14日(日)はハロウィンイベントや、特別メニューをクリアしながら勇者を目指す「ドリームダンジョン~きみも今日から勇者だ~」を開催。
詳しくはホームページをご覧ください。

成田ゆめ牧場
〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00~17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月~2月)等、季節により変動がございます。
年中無休・年末年始も休まず営業いたします。
詳しくはこちら

【ハロー千葉】

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.