里山を風を感じながら走るトロッコ列車の旅 【ハロー千葉】

今日は小湊鐵道の里山トロッコ列車のご紹介です。

99年前の大正6年設立の小湊鐵道が今年3月から本格運行を開始しました。
上総牛久駅から養老渓谷駅までの手入れの行き届いた里山が広がる18.5kmを1時間かけてのんびりと走ります。
全ての車両の天井はガラス張りで窓の無いオープンタイプの客車は開放感も抜群です。

そのトロッコ列車を引っ張るのは昔懐かしいSL。
大正12年製のC型コッペル蒸気機関車に環境を配慮したクリーンディーゼルエンジンを搭載し現代版に復元しました。

また、絵本作家「かこさとし」さん描き下ろしの絵本「出発進行!里山トロッコ列車」は、ほのぼのとしたタッチで沿線の魅力を分かり易く紹介しています。
この絵本を片手に乗車してみるのもいいかもしれませんね。

昔ながらの里山を空気を感じながら、風を感じながら、トロッコ列車の旅を体験されてみてはいかがでしょうか?

詳しくは小湊鐵道 電話0436-23-5584 または「里山トロッコ東京日帰り里帰り」特設ホームページをご覧ください。

WS000000
(画像は小湊鐡道のホームページから引用)

(『ハロー千葉』2016年8月9日放送)