タバスコだけじゃない! 辛くてウマい話題の「スコ系調味料」とは?

ニッポン放送のラジオ番組「垣花正 あなたとハッピー!」(9月19日放送)にて、「もはや定番!? ご当地スコ系調味料ってなに?」と題して、今話題の液体辛み調味料・通称「スコ系調味料」について特集された。

スコ系調味料のスコはタバスコから来ており、現在は、いろんなメーカーから19以上の商品が発売されている。「ゆずスコ」「レモスコ」「ごまスコ」「かぼすこ」「バジスコ」などご当地の名物をベースに作られており、ブームの火付け役となったのは、福岡で2008年に発売された「ゆずスコ(YUZUSUCO)」。九州は伝統的に「ゆずこしょう」を調味料として使っており、もっと世界中の人に知ってもらおうとメーカーが開発したのが、液体ゆずこしょうの「ゆずスコ」であるという。

「ゆずスコ」が話題になって以降は、ゆずだけではなく、かぼすやすだちなど香酸柑橘類の産地である西日本を中心に、ご当地産物を前面に押し出した「○○スコ」が次々と誕生。徳島産のすだちと、美馬地方特有の唐辛子であるみまからを使用した「鬼うますだち胡椒」を調味料にした「鬼スコ」など、珍しいコンセプトのものまで発売されているとのこと。今話題のスコ系調味料。あなたも一度試してみてはいかがだろうか。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.