ペットと一緒に

ペットにまつわる様々な雑学やエピソードをご紹介していきます!

犬嫌いの私を、うつと引きこもりから救ってくれたのは犬だった!

【ペットと一緒に vol.110】

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり
うつ病を患い引きこもり状態だったE.S.さんは、犬と触れ合ううちに少しずつ変わっていきました。今回は、出会う人から「表情が明るく、いい顔になった」と言われるまでになったE.S.さんと、犬とのストーリーをご紹介します。


犬が嫌いで怖かったのに……

笑顔を失っていた20代後半のE.S.さんが、母親と祖母に連れられてセラピー犬と触れ合える施設“人と犬との憩いの場所”を初めて訪れたのは、1年ほど前のことでした。
「実は、動物全般が苦手。出迎えてくれたグレートデンに至っては熊や馬ほどの大きさに思え、食べられてしまうのではないかという恐怖すら覚えました。大型犬がたくさんいて、見ているだけでも緊張しました」と、E.S.さんは振り返ります。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー グレートデン

人と犬との憩いの場所で待っているセラピードッグたち

犬を遠目で眺めることしかできなかったE.S.さんを、もともと犬好きの母親は「いずれ、犬のあたたかさがわかるはず」と、その後もセラピー犬のもとへ連れて行ったそうです。
そしてついに、E.S.さんの気持ちに変化が現れました。

「4~5回目の訪問時でした。ヨハンくんというゴールデン・レトリーバーが『覚えているよ~』と近寄って来てくれて、私の膝枕で寝始めたんです。その時『かわいいなぁ』って感じたんです」。
ヨハンくんはやさしく“お手”をしたり紳士的に接してくれ、さらに黒い被毛が美しい中型犬ミックスのショコラちゃんもE.S.さんのそばに寄り添ってくれたのが、とてもうれしかったそうです。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー グレートデン

E.S.さんの膝枕で寝てくれたヨハンくん

それからのE.S.さんは、セラピー犬たちのもとへ自ら足を運ぶようになりました。
「早くヨハンくんに会いたい! あったかくて、ふわふわで、やさしいセラピードッグたちと触れ合いたいと思って」と、E.S.さんは笑顔で語ります。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

ヨハンくんのほか、保護犬だったショコラちゃんとも心を交わすように


自宅で犬と過ごした2カ月間の変化

E.S.さんの弟は、愛犬の次郎くんをセラピードッグに育て上げたドッグトレーナーだそうです。
「2カ月間、次郎を預かっていたとき、一緒に散歩に行くのが楽しみのひとつになりました。出会う人に『柴犬なのにすごくフレンドリーでかわいいわ』、『お利口さんね~』と、声をかけられるたびに、自分のことのように誇らしくなりましたね(笑)」と、E.S.さん。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

年末年始に預かっていた次郎くんも、新年の装い

当時、パソコンの職業訓練教室に参加できるまでに病状が回復していたE.S.さんを、次郎くんは駅まで迎えに来てくれたのだとか。
「次郎が駅で待っていてくれるから、訓練に行こう。と、次郎が私のモチベーションになっていました」。

次郎くんのおかげで満ち足りて充実していた2カ月間が過ぎ、少し淋しい気持ちになったそうですが、近所に住む弟さんのもとへ、今では毎週のようにE.S.さんは訪れています。
「日中は仕事をしている弟に代わって、散歩に行きます。次郎を通じて“犬友”もできたんですよ。そうした方と関わるのが楽しくて仕方ありません」とのこと。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

次郎くんと一緒に桜を愛でながら、春の散歩へ

E.S.さんに歩調を合わせてくれる次郎くんを見つめながら、「私は何で、こんなにかわいい生き物が今まで嫌いだったんだろう」と、不思議に思うといいます。


私を救ってくれた犬に恩返しがしたい

犬たちのおかげで、週に2回は働けるようにまでなったと語る、E.S.さん。主治医からはE.S.さんのうつ病を治すのは困難だと言われていましたが、投薬量も3分の1ほど減り、顔色が良くなったと多くの人に言われるそうです。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

人と犬との憩いの場所で、セラピードッグと触れ合う至福のひととき

「私に再び働きたいと思う気持ちを与えてくれた犬たちに、恩返しがしたいので」、現在E.S.さんは週に1回、“人と犬との憩いの場所”に犬たちの世話をしに行っているのだとか。
犬のトイレ掃除をしたり、たまにブラッシングなどをしているそうです。

「ヨハンくんの娘犬が3頭いるんですが、そのコたちに体を挟まれると、すごく幸せな気分になります」と、E.S.さんは笑います。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

ヨハンくんとその子どもたち

「セラピードッグたちは、一番大変だった時期に、誰よりも私を助けてくれた存在です。犬の力を借りていなかったら、私はまだ引きこもっていたかもしれません。本当に犬たちに感謝しています」と話すE.S.さんは、これからもっとたくさんの犬と出会い、触れ合い、犬のことを学んでいきたいと夢を語ります。

人と犬との憩いの場所 セラピードッグ 犬 保護犬 セラピー 鬱 うつ 引きこもり

最近の次郎くん。E.S.さんも同じような笑顔の日々に!

ペットと一緒に

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.