米中貿易戦争において日本に寄り添う理由

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。米中貿易戦争について解説した。

 

米中貿易戦争、こちらは閣僚級協議取り止めか

トランプ政権は24日、今日からおよそ22兆5千億円相当の中国製品に関税を上乗せする追加制裁を発動する。これを受け、アメリカのウォールストリートジャーナルは中国政府が再開される予定だったアメリカとの貿易閣僚級協議を取り止めたと報じた。

飯田)まあ、この閣僚級協議、ワシントンで27、28両日と、今月末に開く予定だったということなんですが、ここはガチンコでぶつかっていくことになりますか?

須田)閣僚級協議をしたところで落としどころが見つからない、合意が得られないというところが分かってきたんでしょうね。で、いま中国は数字の上では明らかなんですけれど、まあ暴落ともいっていいような形で、人民元が分かりやすく安い方向へ動いてるわけなんですね。で、それだけじゃなくて、株安なんですよ。

だから人民元、株が両方とも下落している状況にあって、日米、米中間に端を発している、と。ですから、そういった意味でいうとですね、閣僚級協議を開いても、なんか思わしくない決着がつくことができなければ、それを更に加速しかねない。

飯田)ああ、市場には悪い情報が伝わってしまう。

須田)ええ。ですから、やりたくてもできないというのがいまの中国の状況じゃにかなと思いますね。

飯田)ああ。これそうなってくると、まあ中国からアメリカに出ていくものとかいっぱいあるけれども、一方、アメリカから中国に入るものってそんなないから、関税だけでやると、完全に弾がなくなりますよね。

須田)そうなんですね。だからもう、実際にそれはもうなくなっていて、でそうすると特定の商品について、もう輸入を全面的にストップしようというところに打って出なくてはならない。ただ、それをやってしまうと、これまで中国の戦略というのは、ドイツを中心とするEUと組んで自由貿易の旗手みたいな体をとってきたんですよ。

その保護貿易の悪の権化みたいな形で、アメリカにレッテルを張ることによって、自由貿易の旗手という体をとってきたのに、そこに反することになってきちゃう。製品を輸入を止めることになると。

飯田)自分たちも同じことするじゃないか、っていうことになっちゃうわけですね。

須田)自分で自分の首を絞めかねない。例えば、iPhoneとか、あるいはそのアメリカの自動車であるとか。まあいろいろとターゲットはあるんですよ。中国としては、例えば、税関で作業を遅滞させるとか、遅らせるとか、いろんなやり方はあるんだけれども、ただそれをやってしまうと、今まで自分たちが自由貿易の旗手という状況っていうのを自己否定することになりますから。なかなかそこまで踏み込めない。

飯田)いま、自縄自縛みたいなことにちょっと陥ってるわけですか。

須田)いま置かれてる状況は中国の方が分が悪いのかな、と。ですから対米包囲網を放逐しようとしたんだけれども、なかなかそこもですね、上手くいかない、という状況で。じゃあ、中国としてはどういった譲歩をすることができるのか、っていうのをやっぱり国内でまとめていかないとね。

飯田)一方で国内の方は、アメリカに対して強く出られないと、習近平何やってんだ、ってこう足下が崩れてきたっていう話も出てきましたよね。

須田)ええ。長老連中のですね、批判というところもやっぱりあって、習近平さん非常に苦しい状況に追い込まれつつあるのかな、と思いますよね。

飯田)だからこそ、日本にこれちょっと助けてよ、っていう風にきている部分があるわけですね。

須田)そうですね。ですからそれ以降ですね、なんかこう見ていると、日本に相当擦り寄ってきているような形も見受けられるというのは、どちらの方だろうと思いますけどね。1つは日本に米中の仲立ちを依頼したいのか、それとも日本に、中国と一緒に、言ってみればアメリカ貿易という点では、同じようなスタンス、立場にあるんだから、こちらの陣営に加わってよ、と協力してやっていきましょうというところにあるのか、どちらなのかというのは見極める必要はありますけどね。

飯田)まあ、その辺今度、10月にね、安倍総理が訪問すると、中国にと。まあその辺は瀬踏みをしに行く部分もあるわけですかね。

須田)加えて大歓迎でしょうね。

飯田)大歓迎はしますかね、やっぱりここは。まあ、いままではやっぱ、目も合わせない、首脳会談やってもにこりともしない、という。

須田)握手もなかなかしてくれないというね。

飯田)そうですよね。随分ツンツンしてたのに今回、デッレっとするんですかね。いや~それに対してあまりこう、ほいほい乗ってくのが良くないわけですか。

須田)うん。だから日本にとってどのくらいメリットがあるのか、と。ええ、でまあ、ただで敵に塩を送るようなことはない方がいいと思いますけどね。

 

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.