ヒーロー映画が盛り上がる定義とは…。『X-MEN:アポカリプス』 しゃベルシネマ【第49回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今年から祝日として、8月11日が「山の日」に制定ましたね。
一足早いお盆休みを楽しんでらっしゃる方も多いのではょうか。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、「山の日」から全国公開となる映画『X-MEN:アポカリプス』を掘り起こします。

いよいよ「X-MEN」シリーズが完結!

01(w680)

舞台は、紀元前3600年。
歴史上で最初のミュータント、アポカリプスは堕落した文明を滅ぼす『神』として君臨していた。
しかし裏切りにあい、古代エジプトのピラミッドの中に封印されてしまう。

時は変わって1983年。
眠りから目覚めたアポカリプスは、核兵器を開発するなど人類は堕落していると判断し、新しい秩序をもたらすために、マグニートーら4人のミュータントを“黙示録の四騎士”として従え、世界を浄化しようと計画。

プロフェッサーXやミスティーク率いる若きX-MENはアポカリプスの計画を止めようと立ち向かうが、アポカリプスはミュータントの力を吸収する最強能力の持ち主だった…。

02(w680)

マーベルコミック原作の人気アクション大作『X-MEN』シリーズ第6弾にして完結編となる本作。
マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックといった実力派スターたちが集結。
VFXを駆使した壮絶なバトル描写はシリーズ最高の興奮度。
X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目です。

監督を務めるのは、『X-MEN』シリーズ育ての親とも言える、ブライアン・シンガー。
自らメガホンを取ったのはシリーズ第1作、第2作、第5作、そして今作。
登場キャラクターが多すぎることから途中、作品の方向性が迷走しかけたような感もなきにしもあらずだった『X-MEN』シリーズ。
新作を観ると、その複雑さゆえ頭の中がショートしそうになることもありましたが、ブライアン・シンガーが今作を手がけたことで、ようやくシリーズとしての着地点が定まったような印象を受けました。

最強の敵、アポカリプスから目が離せない!

03(w680)

さてヒーローものの定義として、敵役が強ければ強いほど作品として盛り上がるのは定説。
そこへいくと本作の敵は、ラスボス的な強さを誇っています。
なんてったって“黙示録(=アポカリプス)”の名を持つ怪人物ですから。ハンパじゃありません。
自分の身体を変幻自在に形を変え、テレポート能力を持ち、ハルク並の怪力で知能も高い、そしてほぼ不老長寿。
これだけでもスゴイのに、強力なテレパシー能力を手に入れたいがために、X-MEN集団からプロフェッサーXを連れ去ってしまうって…。
欲張りすぎだぞ、アポカリプス!

ちなみに演じているのは、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザック。
残酷で暴力的なくせに、どこか人間臭さがあるアポカリプスを文字どおり“怪演”しています。

04(w680)

「完結編」と言いながらも、2017年にヒュー・ジャックマンのウルヴァリン卒業作品『ウルヴァリン3(仮)』 が、そして2018年に『デッドプール』の続編が、さらには『ガンビット』の製作がすでに決定。
「X-MEN」サーガは、まだまだ広がり続ける様子。

そういった意味でも、本作はやはり外せません!
シリーズファンならずとも観ておくべき一作ですよ。

05(w680)

2016年8月11日から3D/2D全国ロードショー
監督:ブライアン・シンガー
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、チャニング・テイタム、タイ・シェリダン、アレクサンドラ・シップ、オスカー・アイザック他 ほか
© 2016 MARVEL & Subs. © 2016 Twentieth Century Fox
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/xmen/

八雲さんキャプション