フィンガー5・晃が告白 「女性歌手の楽屋に出入りし放題だった」

フィンガー5の玉木晃が、ニッポン放送「パンサー・向井慧 レオなるど」(9月11日放送)に出演し、フィンガー5で活動していた当時の思い出を語った。

普段はミュージシャンの土屋礼央がパーソナリティを務める「レオなるど」だが、土屋が夏休みのためこの日はお笑いトリオ・パンサーの向井がパーソナリティを担当し、フィンガー5の玉木晃がゲストとして登場した。

晃は、1961年、沖縄県の生まれ。1970年に結成した兄弟5人のグループ・フィンガー5では、「個人授業」をはじめ「恋のダイヤル6700」「学園天国」「恋のアメリカンフットボール」と立て続けにミリオンヒットを飛ばし、一躍国民的アイドルになった。

向井慧:聞いたところによると、女性歌手の部屋に出入り自由だったとか?

晃:(当時小学校6年生だけど)幼く見えてたから。妹と同じ感覚で楽屋に出入りしてた。

向井:例えばどんな方?

晃:有名な(山口)百恵ちゃんとか(桜田)淳子ちゃんとか。あべ静江さんとか。その時、綺麗だって人は、ほとんどね。

向井:これ、男の人なら分かると思いますけど、小6の男の子なんて、すでに(性の意識が)芽生えまくってるじゃないですか。

晃:もろ芽生えてる。頭の中が25歳ぐらいだったね。(笑)

向井:そんな中、百恵さんとかに可愛がってもらったんですよね?

晃:可愛がってもらったどころか、色々。もちろん、変なことはしてないけどさ。いいもの見てきたよ。

増山さやかアナウンサー:ちょっとお着替えとか?

晃:うん。あとは、(兄に)「(何か)盗んで来い」とか言われた。

向井:ダメダメ(笑)

晃:俺だけの特権だったね(笑)

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.